屋根リフォーム金額相場【実際の見積書公開】一括見積サイトレビュー

MENU

屋根リフォームの金額相場が知りたくて

 

屋根リフォームがしたい

 

屋根リフォーム金額相場と言っても素人にはわからないことがたくさんありますよね。
リフォームにかかる金額、相場、費用、屋根の材質、工法、工事期間、、、まだまだたくさんあると思います。

 

屋根リフォームいくら?

特に気になるのは屋根リフォーム金額相場ってどれくらいなの?
かなり大きな金額相場になるというのはぼんやりとわかりますが、見当もつきませんよね。

 

適当に業者を選んで出た見積り金額を素直に受け入れて果たしていいのだろうか、、、
もっと他に頼めば安くなるんじゃないか?

 

こんな風に思っている人はたくさんいると思いこの体験レビューを書いていくことにしました。
これから屋根リフォームしよう!と考えている人の参考になれば幸いです。

 

<目次>

 

屋根リフォームをしようとしたきっかけ
屋根には少なからず問題が
屋根修理職人さんの飛び込み営業がやってきた
屋根をあらためて見てみると
屋根修理は早めにやったほうが良いと決断
屋根には少なからず問題が

 

屋根リフォーム金額の見積もりを以前内装リフォームを頼んだ業者に出してもらう
屋根の状況はというと
屋根リフォーム金額相場を公開!まずは屋根補修の見積金額
屋根リフォーム金額相場を公開!屋根葺き替えの見積金額を見てビックリ
屋根リフォーム金額相場の見積書を内装してもらったリフォーム業者からもらって思ったこと

 

屋根リフォーム金額相場の一括見積サイトに申込んでみることに
今回申込んだ屋根リフォーム一括見積サイトはここです
屋根リフォーム金額相場一括見積サイト「ヌリカエ」の特徴とは
屋根リフォーム金額相場一括見積サイト「ヌリカエ」に申込みした時のレビューです
屋根リフォーム金額相場一括見積サイト「ヌリカエ」のアドバイザーさんとのやり取り
屋根リフォーム業者さんを紹介されました
屋根リフォーム金額相場一括見積サイト「ヌリカエ」から紹介された屋根リフォーム業者さん
屋根リフォーム金額相場一括見積サイト「ヌリカエ」アドバイザーさんとのやり取りの感想

 

<屋根リフォーム金額相場が知りたい人にオススメ>

 

https://lp.nuri-kae.jp/

 

申込ボタン

 

屋根リフォームをしようとしたきっかけ

我が家が屋根リフォームをしようと思ったきっかけとは、、、

 

飛込の営業が来た!

飛び込みの営業が来た!ということなんです。

 

 

2年前に住んでいたマンションを売り払い築34年の中古一戸建て住宅を購入を決断、予算金額の関係で内装のリフォームはやったのですが外装系には一切手を付けられず。
外壁については前のオーナーさんが何度かやっていたようなので見た感じは平気そうでした。

 

屋根には少なからず問題が

 

劣化した日本瓦屋根

 

しかし屋根は見るからにぼろい感じで、日本瓦の屋根なのですが色も褪せてコケや泥にまみれているのが一目瞭然。

 

それと、引っ越してきてから近所の人に聞いた話ですが、我が家の屋根って軒下に駐車場がある作りになっていて屋根に雪が積もると雪が滑ってきて車に直撃するとのこと。
前のオーナーさんは滑ってきた雪の直撃で車の屋根がへこんで大変だったと聞きました。

 

屋根に雪止めが無い

そう聞いて屋根を見てみると、雪止めが一切ついていないのでそりゃ滑ってくるなという感じです。
関東地方なので雪は多くはないのですが、山沿いに建っているので何年かに一度の大雪の時には心配だなと思っていました。

 

でも雨漏りとかが発生しているわけでもなく、まあなんとなく大丈夫かな、なんて思っていました。

 

 

屋根修理職人さんの飛び込み営業がやってきた

 

屋根の飛び込み営業

 

屋根のことはなんとなく気にはなりつつ過ごしていたのですが、その日は突然やってきました。

 

私が出先から家に戻ると妻から「屋根修理の職人さんが飛び込み営業が来た」と聞きました。
近所の屋根修理のついでに周囲の家を見て廻っていたらしく、我が家の屋根が気になったので訪問してきたそうです。

 

その業者が言うには、、、

 

屋根業者が言うには

屋根の漆喰が劣化して剥がれ落ちてきてコロコロと落ちてきているので修理したほうが良いですよ』
『このままだと駐車場に止めている車に落ちてきて傷ついたり凹んだりするかもしれないので今取りましょうか?』
『今なら近所で漆喰の補修工事しているのでその余った材料を使いまわせるから屋根修理の金額を安くできますよ

 

と言う感じで不安をあおられ、

 

『なんなら近所でやっている屋根の漆喰補修工事を見学しに来てください』
『すぐに見積金額も出せるからいつでも言ってください』

 

と、立て続けに営業かけてきたようです。
その職人さん、30代前半くらいでニッカポッカを履いて雰囲気的にはいかにも職人さんっぽい感じで、印象は悪くはなかったということ。
だいたいでいいから金額はいくら位になるのか聞いてみた所『屋根の漆喰と補修なら金額的に30万円しない位でできる』とも言ってたそうです。

 

でもそこは我が家の賢い妻?その場ではお断りしてとりあえず名刺をもらって帰ってもらったようでしたが、帰る際に『また近いうちに来ますね』とも言ってたようでした。

 

 

屋根をあらためて見てみると

 

屋根漆喰剥がれ

 

妻の話を聞いた後、あらためて屋根を見てみると確かに指摘された所に握り拳大の石みたいなのがありました。
「これが剥がれた漆喰なのかな?」と思い、これが落ちてきた時に車を下に駐車してたらそこそこのダメージになりそうです。

 

漆喰って何?

そこで気になったのが「そもそも屋根の漆喰って何?」ってことでした。
早速スマホで調べてみると、、、わかりました!
屋根のてっぺんについている冠のような瓦、棟瓦という瓦の隙間を埋める役目をしているのが漆喰のようです。

 

屋根漆喰劣化

 

この漆喰というものは住宅の環境にもよりますが、10〜15年程度で劣化してくるのでメンテナンスが必要とのこと。
我が家は今年ですでに築35年なので「そりゃ補修が必要なんだな」ということがわかりました。

 

調べてみる

調べてみてわかったことなんですが、屋根の漆喰を塗る前には隙間を埋めるために土が盛ってあるらしく漆喰が剥がれ落ちると盛られていた土が表面に出てきてしまうようです。
確かに思ってみれば雨上がりに屋根の軒下の所に妙に泥がたまってるな、と不思議に感じてました。

 

どうやらこれは漆喰が剥がれてむき出しになった土が流れてきていたらしく、このまま土が流れてしまうと棟瓦の隙間から浸水して腐食して将来的には雨漏りの原因になっていくみたいです。

 

それと、もう一つ気になっていたのが雨樋で、詰まっている感じで真ん中から水があふれてボタボタと水が垂れてきていました。
これも漆喰剥がれから流れてきた土や葉っぱなどのゴミのせいで詰まってしまった可能性も考えられますね。

 

 

屋根修理は早めにやったほうが良いと決断

 

屋根修理をやったほうが良い

 

職人さんの飛び込み営業をきっかけに、屋根について改めて色々と調べてみた結果、これはできるだけ早く何らかの手を打たないと駄目かもという結論に。
「とりあえず補修だけでもいいかな」とも考えたのですが、これからもずっと長く住んでいくつもりなので今後のことも考えて屋根の葺き替えリフォームも検討することにしました。

 

葺き替えも検討

それと、耐震性を考えると日本瓦だと住宅の上部が重くなり地震で倒壊する可能性が高くなるので、他の軽い材質の屋根に変えたいとも思いました。
よく大地震後の被害映像や写真で、古い日本瓦の家が倒壊しているのを見る気がするので心配でもあります。
単純に瓦屋根だけのせいじゃないのかもしれませんが、可能性はできるだけ潰したほうが良いに越したことはないですよね。

 

そして数日後、以前来た職人さんがまたやってきましたが、修理だけではなく屋根リフォームも考えることにしたということでお断りすることに。

 

その際には、

 

屋根リフォーム営業

日本瓦は50年くらいの耐久性があるので補修でも十分ですよ』
『屋根リフォームならうちでもできるのでぜひ!』

 

と言っていましたが「以前内装リフォームしてもらった業者との付き合いもあるし、そこにお願いしようと思っているので」ということでお断りしました。
名残惜しそうでしたが、以前内装をお願いした業者のほうが信頼性があるので当然ですよね。

 

ちなみに職人さんからもらった名刺を見てネットで会社を調べてみたのですがHPとかは無いようでした。
最後に聞いた話では親方から独立して間もないということだったので、今では断って正解だったのかな思っています。

 

<目次>に戻る

屋根リフォーム金額相場の見積もりを以前内装リフォームを頼んだ業者に出してもらう

内装リフォーム

そんなこんなで屋根リフォームをやったほうが良いかな、と考えていた矢先に内装リフォームしてもらった業者さんからのはがきが来ました。
内容はリフォームの『1年点検のお知らせ』でしたが、なんていいタイミングと思いましたね。

 

点検のお知らせ

ちょうど壁紙の境目や階段の継ぎ目、トイレのクッションフロアの修正痕とかが気になっていたので、数日後に来てもらうよう連絡しました。
そこで屋根のリフォーム金額相場のことを相談すると屋根の職人さんを連れて見に来てくれことになりました。

 

約束の日、リフォーム業者さんが屋根職人さんを数人連れてやってきました。
リフォーム業者さんと内装のチェックしている間に屋根職人さんたちには屋根をチェックしてもらうことに。

 

屋根の状況はというと

 

屋根の状況

 

内装のチェックと打ち合わせが終わったころ屋根職人さんを交え状況を説明してもらいました。

 

屋根の状況説明

『築年数も結構いってるので補修はしたほうが良いですね』
『漆喰は剥がれてきているので早めに補修したほうが良い』
『以前太陽光パネル?が設置されていたであろう箇所があり、それを撤去した所をきれいにやり直したほうが良さそう』

 

だいたいこのような指摘がありました。

 

太陽光パネル?そんなのついてたのかな?と言われ考えてみると、、、
家の各部屋に温水コネクタが付いているのを思いだしました。
そういえば建てられた当時は太陽光温水パネルが各住宅に取り付けられていたようで、確か以前に近所の人も外したと聞いていたような。
きっとこれかもしれません、たぶん前のオーナーさんが自力で外したような感じだったみたいなので、綺麗に外せなかったのかもしれません。

 

見積もりを出してもらう

そして、とりあえず指摘された事柄を含め屋根全体の補修でいくらくらいになるのか金額を見積もってもらうことにしました。
ついでに、屋根をふき替えた場合の見積もりも「スレート屋根」「ガルバリウム鋼板屋根」の2通り出してもらうことに。

 

やはり、見てもらった屋根職人さんが言うには

 

『日本瓦からスレートにしておけば家の頭の部分が軽くなると耐震性が上がるのでオススメです

 

とのことでした。

 

あと雨樋がだいぶ劣化してきていて詰まりも気になっていたのと、雪止めも付けたいということで見積金額に含めてもらうことにしました。

 

 

屋根リフォーム金額相場を公開!まずは屋根補修の見積金額

 

それから数日後、まずは屋根補修のの見積金額がメールで送られてきました。

 

<屋根補修の見積金額書>

 

E社屋根補修見積金額書1

 

E社屋根補修見積金額書2

 

E社屋根補修見積金額書3

 

E社屋根補修見積金額書4

 

E社屋根補修見積金額書5

 

 

内訳金額は、漆喰補修工事破損瓦の補修発生材処分費諸経費で、消費税込みで合計約25万円でした。

 

屋根補修見積金額出た

飛び込みで職人さんが来た時、だいたい30万円くらいで補修できると言っていたのでそれよりは安い金額です。
つくづくあの時勢いで屋根補修してもらわなくてよかったと思いましたね、ほんと。

 

あとは屋根の葺き替えの見積金額ですが、後日もらえることに。

 

 

屋根リフォーム金額相場を公開!屋根葺き替えの見積金額を見てビックリ

 

そして出てきたのがこの見積書の金額。
まずはスレート屋根の葺き替え工事から。

 

<スレート屋根葺き替え見積金額書>

 

E社屋根スレート葺き替え見積金額書1

 

E社屋根スレート葺き替え見積金額書2

 

E社屋根スレート葺き替え見積金額書3

 

E社屋根スレート葺き替え見積金額書4

 

E社屋根スレート葺き替え見積金額書5

 

パッと見た瞬間、、、、「むむむ、税込み金額で250万円!?」と思っていた以上でした!
内訳金額は、屋根工事200万円発生材処分費25万円諸経費16万円値引き10万円

 

スレート自体の材料費は約65万円ですが工事が色々とあるようです。
下地処理、水切り処理、雨押さえ処理、雪止め、雨樋、、、これら全部含めると金額的に250万円になるみたいです。

 

屋根葺き替え金額にビックリ

一応事前にネットで屋根葺き替え工事の相場金額費用を見ていたのですが、だいたいどこも100万円台で収まるような感じで書いてありました。
予想としては大体そんなもんなのかな、と思っていたところ予想外の250万円!ビックリしましたね!

 

ネットで調べた情報では、屋根に関しては「下地処理、水切り処理、雨押さえ処理、雪止め」なんかは特に内訳金額になかったのですが、これは必要な事なのかわかりません。
予想ですが、日本瓦からスレートにする場合は下地を作り直さないといけないのかもしれませんね。
こればっかりは他の屋根業者の見積もりと比べてみないとわかりません。

 

あとは雨樋も新しくしてもらうことにしているので、それで金額は約20万高くなっているようです。

 

あらためてネットの情報と単価を比べてみますが、そんなに金額的にはべらぼうに高い単価ではなさそうな感じです。
少しずつですが単価金額が高いみたいなので、それが積み重なった感じなのでしょうか。

 

 

そしてガルバリウム鋼板屋根はというと、、、

 

<ガルバリウム鋼板屋根葺き替え見積金額書>

 

E社屋根ガルバリウム葺き替え見積金額書1

 

E社屋根ガルバリウム葺き替え見積金額書2

 

E社屋根ガルバリウム葺き替え見積金額書3

 

E社屋根ガルバリウム葺き替え見積金額書4

 

E社屋根ガルバリウム葺き替え見積金額書5

 

 

ガルバリウム見積金額

内容的には一緒ですね。

 

ガルバリウム鋼板の材料費が高くなった分見積金額の合計は税込みで270万円でした。
うーん、、、屋根の葺き替えで300万円弱か、、、まったくの予想外でしたね。

 

 

屋根リフォーム金額相場の見積書を内装してもらったリフォーム業者からもらって思ったこと

 

少し高額なのかも

以前からお付き合いのあるリフォーム業者さんの見積金額を確認して正直に思った感想は、
「やっぱり金額的には少し高いのかな?」と感じました。

 

このリフォーム業者さんなんですが、以前住んでいたマンション時代からお世話になっている業者さんで今の戸建てのフルリフォームもお願いしているんです。

 

きっかけはマンションのトイレリフォームしたいと思い、知合い伝手に一級建築士の人を紹介され、その人から紹介された業者さんで、
その一級建築士の人が言うには『少し金額は高いけど、デザイン力があってきちんと仕事をしてくれますよ』ということでした。

 

来てくれた営業さんも気さくでこっちの相談に親身になって乗ってくれ、トイレのリフォームでしたが壁紙・クッションフロアの種類が豊富にあってカタログをその都度持ってきて見せてもらったり、色見本を取り寄せてくれたりとすごくいい対応をしてくれました。
工事の工程表もきっちり出してくれる細かさで、工事前には近所に粗品をもって挨拶にも行ってくれる気配りもしてくれました。

 

相見積を取る

この時も当然ですが近所の工務店と相見積もりを取ったのですが、その工務店さんはいかにも職人気質な感じでざっくりした見積もりで壁紙等の選択肢も少なくカタログすら持ってこないような所でした。
確かに見積金額は安かったのですが、なんか物足りない感じだったので断ったのを覚えています。

 

その後、中古の戸建てを購入しフルリフォームしてもらった時もショールームに色々と連れて行ってもらったり、たくさんのカタログを見たりと、デザイン的にもとても素敵なリフォームができて大満足でした。

 

まあこんな感じで今回も以前お願いしたリフォーム業者に見積りをお願いしたのですが、やはり他の業者とも見積金額を比べてみたいと思いました。
内装に関してはデザイン力は大事ですが、屋根は特に役目を果たしてくれれば普通でもいいですからね。

 

<目次>に戻る


屋根リフォーム金額相場の一括見積サイトに申込んでみることに

屋根リフォーム一括見積

屋根リフォームをしようと思って以前からお世話になっているリフォーム業者さんに見積金額書をお願いしたところ、

  • 屋根補修 約25万円
  • スレート屋根葺き替え 約250万円
  • ガルバリウム鋼板屋根葺き替え 270万円

このような見積金額が出てきました。
屋根の葺き替えに関してはとっても高額な金額がかかるので驚愕してしまいました。

 

ネットで調べてみる

そこで、ほかの屋根業者の見積金額と比較してみようと思いネットで屋根リフォーム業者について調べてみることに。
すると、最近は「屋根リフォーム金額相場の一括見積サイト」というのがあることを知りました。

 

「屋根リフォーム金額相場の一括見積サイト」というのはどうやら申し込むと複数の業者からの見積金額書が一括してもらえるシステムになっているようです。
見積金額相場を出してもらう際の利用料は一切かからず無料ということなので気軽に申し込むことができるということ。
これならいちいち自分で業者を見つける手間や、一軒一軒連絡して見積りのお願いをする手間もかからないので良さそうな感じです。

 

一応「屋根リフォーム金額相場の一括見積サイト」というのがあることを妻に確認してもらい申込んでいいとの了承を得られたので早速利用してみることにしました。

 

 

今回申込んだ屋根リフォーム金額相場一括見積サイトはここです

 

ヌリカエLP

 

今回申込んだのは「ヌリカエ」という屋根リフォーム金額相場一括見積サイトです。
パッと見は外壁塗装の見積サイトですが、屋根に関する申し込みも受け付けているようです。

 

まあだいたい家の外装は屋根と外壁がセットみたいなもんなので一括で申し込みできるようになっているんでしょうかね。

 

屋根リフォーム金額相場一括見積サイト「ヌリカエ」の特徴とは

ヌリカエの特徴

  • 簡単10秒のスピード申し込み
  • 申込時には氏名・住所の個人情報は不要
  • 紹介される登録業者は設立年数・施工件数など厳格な審査に合格した優良業者のみ
  • 専門の担当アドバイザーが付き要望にぴったりの業者選定してくれ、わからないことも相談できます
  • 専属アドバイザーが仲介してくれるので業者間との面倒なやり取りやしつこい営業が無い
  • 2016年12月現在で利用者数180万人突破

 

申込にかかる入力項目が少なく、名前・住所の個人情報を教えなくても大丈夫な所が良いですね。

 

 

https://lp.nuri-kae.jp/

 

申込ボタン

 

 

屋根リフォーム金額相場一括見積サイト「ヌリカエ」に申込みした時のレビューです

 

ヌリカエ申込画面

 

まずは申込み画面です。

 

  • 都道府県
  • 延べ床面積
  • あなたの状況

「相場が気になる」「複数の業者から見積を取りたい」「今すぐ工事をしたい」・・・他、から選択

  • 建物種別

「一戸建て」「マンション」「工場・倉庫」「店舗・事務所」・・・他、から選択

  • 工事希望箇所

「外壁の塗装」「外壁の貼り替え」「屋根の塗装」「屋根の貼り替え」・・・他、から選択

  • 電話番号
  • メールアドレス

これらの7か所を入力します。所要時間的には10秒足らずで完了できますね。
この時点では、氏名・詳しい住所は必要無いようです。

 

 

 

ヌリカエ申込完了

 

申込みが完了すると「SMS(ショートメッセージサービス)にて相場・見積りの診断結果を送信しました」の画面になりました。

 

直後にスマホにSMSメールが届きます。
SMSでやり取りするようなので、申し込み時には携帯番号を入力したほうが便利ですね。

 

自宅の電話番号を入力してしまいSMSが届かなかった時のために、携帯電話番号の入力と下部の「相場を見る」ボタンから確認もできるようです。

 

 

 

ヌリカエ申込完了メール

 

申込完了時に入力したメールアドレスにも「【ヌリカエ】お問い合わせの御礼」というタイトルのメールが届きました。

 

 

 

ヌリカエSMS相場確認

 

申込み完了時に届くSMSメールです。

 

「タップしてプレビューを読み込む」を押すと相場が確認できます。

 

 

 

ヌリカエ相場確認1

 

相場確認画面です。

 

今回は「屋根貼替」ということで申し込んだのですが、相場は「塗装」の相場が出てきてしまいました。
どうやら貼り替えの相場は確認できないようですね、やはり自宅を見てもらわないと駄目なようです、、残念。

 

 

ヌリカエ相場確認2

 

下にスクロールすると「上記相場はあくまで概算です」との注意事項が出てきました。

 

きちんとした見積りは、やはり現地調査して状況を確認しないと出てこないですよね。

 

ヌリカエ相場確認3

 

他のパターンの概算相場を調べたい場合は、延べ床面積や塗料の種類を変えて調べられるようになっています。

 

 

ヌリカエ相場確認4

 

試しに塗料の種類を「アクリル」から「ウレタン」に変えてみると、相場金額が変わりました。

 

 

 

ヌリカエ申込終了

とりあえずこれで一連の流れは終了です。
時間にして1分程度あれば『申し込み〜相場確認』まで確認できました。
あとはアドバイザーさんからの連絡待ちです。

 

外壁・屋根の貼替する人には塗装の相場しか出てこないので残念な結果でしたが、今後のサイトアップデートに期待しましょう。

 

 

屋根リフォーム金額相場一括見積サイト「ヌリカエ」のアドバイザーさんとのやり取り

 

アドバイザー

 

屋根リフォームの一括見積サイト「ヌリカエ」さんに申し込みをしてから約4時間後、登録したスマホの電話番号にアドバイザーさんから連絡がありました。

 

まずは今回の申し込みのお礼を言われ、屋根のリフォームをしたいということを確認されました。

 

それから今どういった状況なのかを色々と質問され、

質問に答える

  • 家は一戸建ての日本瓦で築35年であること
  • すでに屋根リフォームの見積もりを貰っていて金額を比較したい
  • 屋根の補修とリフォームどっちがいいのかを複数の専門家に聞いてみたい
  • 屋根の他に雨樋も修理したい

こんな感じのことを答えました。
さらにもらった屋根リフォームの見積もりが、スレート屋根葺き替えで250万円だったことも伝えました。

 

すると、

 

アドバイスをもらう

『250万円だとちょっと高いように感じます』
『何社かの業者さんと比較すると、どれくらい変わるかよくわかりますよ』
『雨漏り等があるとかですぐに修理する必要がないのであれば急ぐことはないです』
『屋根リフォームをすると結構高額な金額になるので、1年位かけるつもりでじっくり検討してみたください』

 

こんな感じで、じっくり検討したほうが良いとアドバイスをくれました。

 

そして、『よろしかったら何社か屋根リフォーム業者を紹介したいので、お名前と住所を教えていただいてよろしいでしょうか?』と言われました。

 

そういえば申込時には電話番号とメールアドレスしか入力してなかったので、ここで初めて伝えることになります。
なので、申し込んで相場を知りたいだけなら、このアドバイザーさんからの電話の時点で業者紹を断ってしまえば、詳しい個人情報知られずに済むので安心ですね。

 

 

屋根リフォーム業者さんを紹介されました

 

屋根業者の紹介

 

すると住所から該当する屋根リフォーム業者を検索してもらい、4件ほど該当する業者があるという事でした。

 

たくさん紹介され困る

「うーん、4件か、、、全部に来てもらって現地調査してもらうのも面倒なので2,3件に絞ってもらえないか?」

 

4件は多いと感じたのでこのように伝えると、

 

 

たくさんの屋根リフォーム業者

『できるだけたくさんの屋根リフォーム業者さんのアドバイスを聞いて比較したほうが良いですよ』
『結構業者さんによって見積もりに差が出てくるので、じっくり時間をかけて検討してもらっても大丈夫』
現地調査と見積もりを取るのは無料なので是非この機会に利用してみてください』

 

とのことを言われ、

 

「確かに屋根リフォームをするとなると高額な金額がかかるので、できるだけたくさん比較してゆっくり考えたほうが良さそうかな」

 

と思い直し、4社すべての屋根リフォーム業者の紹介を受けることにしました。

 

そして、紹介を受ける際には、

 

アドバイザーからの確認

『きちんとした見積りを出してもらうために現地調査が必要になってくるので、各屋根リフォーム業者に、住所、氏名、電話番号、工事の内容等の情報を伝えることの確認
があり、
『各業者から、それぞれ電話がかかってくるので住宅現地調査の日程調整の対応をお願いします』

 

との確認がありました。

 

そして、『業者の詳しい情報は、すぐにメールで連絡します』ということでアドバイザーさんとの連絡は終了。
最後に『少しでも不安やわからないことがあったらいつでも相談してください』と言われ電話を切りました。

 

アドバイザーさんとのやり取りは、時間にして約15分ほどでした。

 

 

屋根リフォーム金額相場一括見積サイト「ヌリカエ」から紹介された屋根リフォーム業者さん

 

アドバイザーさんからの電話を切ってから時間にして数分でSMSの方にメールが入りました。

 

ヌリカエ業者紹介メール

 

紹介された屋根リフォーム業者は電話で話した通り4社でした。

  • 東京・横浜近郊 A社
  • 関東展開 B社
  • 地元密着 C社
  • 地元密着 D社

2社は大手の聞いたことあるような名前の業者さん、2社は地元で近所の業者さんでした。

 

「タップしてプレビューを読み込む」を押して確認してみると、

 

ヌリカエ業者紹介1

 

ヌリカエ業者紹介2

 

ヌリカエ業者紹介3

 

各屋根リフォーム業者の住所・電話番号の情報公式HPへのリンクがわかるようになっていました。

 

ホームページを確認

早速、各業者さんの公式HPを確認してみると、きちんと業績もありしっかりした業者さんのようです。
「ヌリカエ」から紹介される業者は『厳しい基準をクリアしている業者のみ』ということなので信頼してもよさそうな感じです。

 

 

 

 

 

ちなみに、パソコンの方のメールにも「【ヌリカエ】業者ご紹介のお知らせ」が来ていました。

 

ヌリカエ業者紹介PCメール

 

こっちにも、紹介された屋根リフォーム業者の情報業者からの連絡対応のお願い相談はいつでも受け付けています、などの内容が書いてありました。

 

 

 

屋根リフォーム金額相場一括見積サイト「ヌリカエ」アドバイザーさんとのやり取りの感想

 

電話でのやり取り

 

屋根リフォームの一括見積りサイト「ヌリカエ」のアドバイザーさんとやり取りした感想ですが、とても丁寧な対応でこっちの疑問や質問にもしっかり親身になって答えてくれたので印象はかなり良かったです。

 

以前、車買取の一括見積に申し込んだ経験があるのですが、その時は申し込み直後から電話が鳴りっぱなしで立て続けに5件ほど対応しなければいけませんでした。
こんなにすぐに電話がたくさんかかってきたことで、なんだかガツガツした感じの客の奪い合いみたいなものを感じて、対応にすごく疲れて嫌な思いをした覚えがありました。

 

でも今回の「ヌリカエ」さんは申込みして相場を知りたいだけなら、アドバイザーさんがいるので電話の回数も1回しか来ませんし、申込直後にすぐ連絡が来る感じでもなかったので慌てずに済みました。

 

屋根リフォーム業者を紹介されるときも、個人情報を各業者に伝えることの了承をちゃんと取ってくれたということで安心感はありました。
こういう個人情報のことは今では当たり前ですが、こういったきちんとした対応をしてくれると信頼感がでていいで印象でしたね。

 

<目次>に戻る


屋根リフォームの金額相場を知っておこう

 

屋根リフォーム金額相場

 

屋根リフォームをしようと考えている人の多くは、リフォームにかかる金額が一体いくらになるのか気にしていることと思います。
実際には現地調査をして屋根の状況を見てもらわないと正確な見積金額は出て来ません。

 

でも事前に屋根リフォーム金額相場がある程度分かっているほうが業者にお願いするときに安心です。
また事前に屋根リフォーム金額相場を知っておくことで、見積依頼して出てきた見積金額内容が相場に対して妥当なのかという事を検討する事もでき便利です。

 

ここではおおまかですが屋根リフォーム金額相場を工法や工事内容に分けて紹介していきます。

 

 

屋根リフォーム金額相場の工事内容別価格

屋根リフォーム工事別金額相場

屋根リフォーム金額相場は屋根の種類やリフォームの方法、屋根の面積によって大きく変わってきます。
ここでは一般的な建坪30坪の2階建て一戸建て住宅についての屋根リフォーム金額相場をご紹介します。

 

屋根部分補修工事・・・・約5〜30万円

補修する面積や工事内容によって大きく金額が違ってきます。

 

屋根塗装工事・・・・約50〜150万円

屋根塗装に使う塗料の種類(アクリル・ウレタン・フッ素・遮熱塗料など)によって金額が違ってきます。

 

屋根カバー工法による葺き替え工事・・・・約50〜150万円

スレート屋根やガルバリウム鋼板屋根の葺き替えは上から新しい屋根材を被せていくカバー工法が施工できます。
使用する屋根材によって金額は違ってきますが、廃材処理がほとんどないので比較的安く葺き替えできるのが特徴です。

 

屋根の葺き替え工事・・・・約150〜300万

瓦屋根からスレートやガルバリウム鋼板屋根への葺き替え工事の金額相場になります。
屋根の下地作り作業や廃材の処理費用があるため高額になってしまいます。
使用する屋根材によっても金額は違ってきます。

 

外壁塗装工事・・・・約80〜200万円

屋根リフォームで足場を設置するならと同時に外壁塗装もやったほうが金額面でお得になるので参考に。
外壁塗装工事も使用する塗料(アクリル・ウレタン・フッ素・遮熱塗料など)によって金額相場は違ってきます。

 

 

 

屋根リフォーム工事見積書公開

このように、屋根をどのようにリフォームするかによって金額相場はかなりの差が出てしまいます。
今後も長く住むために、予算や屋根の状態を考えて適切な方法で屋根リフォームするようにしてください。

 

 

 

 

業者が出した実際の屋根リフォームの見積書詳細を公開中です!
これから屋根リフォームをしようとお考えの方は是非参考にしてみてください。

 

⇒瓦屋根の漆喰補修見積書
⇒瓦屋根からスレート屋根・ガルバリウム鋼板屋根葺き替え見積書

 

 

屋根リフォーム+外壁塗装の実際の見積書も公開していますのでぜひ参考にしてみてください。

 

⇒B社屋根漆喰補修+外壁塗装見積書
⇒C社屋根漆喰補修+外壁塗装見積書、屋根葺き替え工事+外壁塗装見積書
⇒D社屋根漆喰補修+外壁塗装見積書