屋根リフォーム工事で雨樋修理するときに知っておきたいこと

屋根リフォーム工事で雨樋修理するときに知っておきたいこと

雨樋修理

屋根のリフォーム工事において雨樋の修理を行なう前に、是非とも知っておきたい重要なポイントがあります。
その一つのポイントは、雨樋の役割です。

 

雨樋の役割とは

 

実際、雨樋は建物内に雨水が浸水しないようにすることによって腐食を防ぐというたいへん重要な役割を持っています。
例えば、雨樋がないといたらいったいどのような事態が生じるのか考えてみましょう。

 

屋根の軒先から直接外壁に伝った雨水によって外壁の内部が腐食するだけではありません。
屋根から地面に直接落ちた雨水によって地面に溝ができ、建物の大事な基礎の周りが不安定になり、結果として建物の老朽化を速めることになるでしょう。

 

こうした事態を防ぐのが、雨樋の役割なのです。

 

雨樋が壊れる原因とは

 

では、重要な役割を担っている雨樋が壊れる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
色々な原因が考えられますが、主な原因として指摘されている5つの点をご紹介しましょう。

 

雨樋が壊れる原因として最も多いと考えられているのは、雨樋に落ち葉などのごみが詰まってしまうというものです。
他にも、雨水の排水をスムーズにさせるためにつけられている傾斜が水平になっていたり逆になっていることも、原因となり得ます。
また、経年劣化や、雨樋の継ぎ手部分に隙間がある、さらには風や雪などの影響によって壊れてしまうこともあります。

 

このように雨樋が壊れる原因には幾つかのものがあるため、原因別の雨樋修理方法について理解しておくことは助けになるでしょう。

 

 

雨樋の修理方法を原因別に解説

雨樋のゴミ詰まり修理方法

 

例えば、最初に挙げた原因、つまりごみの詰りが原因になっている場合は、まずどこの部分が詰まっているかによって修理方法が異なってくるという点を念頭に置いておきましょう。
詰りが最もよく起きるのは、雨水が集まる集水器と呼ばれる部分です。

 

この集水器が詰まっている場合は、まず梯子をかけて詰まっているごみをきれいに取り除きます。
その際、手前のごみを取り除いたらそれで解決したと考えないようにしましょう。

 

自分の手が届く範囲にごみが詰まっていないかを確認します。
最後に、バケツに入った水を流してスムーズに流れるかどうかを確認しましょう。

 

雨樋の傾斜の修理方法

 

では、雨樋の傾斜が問題になっている場合、原因別の雨樋修理方法として最も有効なのはどのようなものでしょうか。
この場合、雨樋に傾斜をつけるのに使用されている雨樋支持金具を調整することができるでしょう。

 

この支持金具は金属でできているため、力を加えれば曲がるため、比較的簡単に調整することができます。
もちろん、金具が壊れてしまわないよう力の入れ過ぎには注意する必要があるでしょう。

 

雨樋の経年劣化時の修理方法

 

他にも、経年劣化が原因であれば、一番良いのは雨樋を交換することでしょう。
塗装やコーキングをしても、経年劣化が原因の場合はすぐに漏れてくるため、思い切って交換するのがベストです。

 

 

業者による雨樋修理方法について

 

雨樋修理を業者に依頼する場合、当然各業者によって修理の方法は多少異なることでしょう。
ここでは、業者による雨樋修理の方法として幾つかのものを挙げていますので、参考にしてみてください。。

 

一般に行なわれている業者による雨樋修理の方法として、まずは雨樋を取り外し、傾斜を決めたら支持金具を取り付けます。
その際、古い金具を取り外した穴を防水コーキング剤で塞ぎ処理することが行なわれます。

 

それから新しく取り付ける雨樋を適切な長さにカットし、継ぎ手や止まりを取り付け、集水器を取り付けます。
集水器に竪樋を繋げ、排水溝の入り口に竪樋を繋げたら、水がきちんと流れるかを確認し、修理が完了となります。

 

 

自分で雨樋を修理する場合に必要な道具とは

 

仮に自分で修理を行なうとしたら、雨樋修理に必要な道具・材料とな何でしょうか。

 

例えば、雨樋の詰りを修理したいと思うなら、ごみ袋やヤスリ、布切れや針金を準備します。
継ぎ手が外れているような場合であれば、新しい継ぎ手と雨樋用接着剤を用意しましょう。

 

このように自分で修理を行なうことができる場合もあるとは言え、屋根の上での工事となり危険であることや、雨樋の壊れの再発防止のためにも、業者に工事を依頼するのがベストでしょう。

 

 

雨樋修理の金額相場について

 

では、実際業者に依頼した場合、雨樋修理の金額相場はどのくらいかかるのでしょうか。

 

業者による雨樋修理金額の目安として、一般的な規模の家で15万から50万円ほどであろうと言われています。
もちろん、家の周辺環境や依頼人の要望などによってはその範囲を超える場合もあるでしょう。

 

しかし、築年数が十年に満たないような比較的新しい家の場合、部分的な交換のみで済み、上記の金額よりも安い費用で修理できることもあります。

 

雨樋修理で損しない業者の選び方

 

雨樋の修理を依頼する際、一円といえども損しない業者に依頼したいと思うことでしょう。
損しない業者の見分け方のポイントは、原因別に業者を選ぶということです。

 

上述したように、雨樋から雨水が漏れてくる原因には大きく分けて、ごみの詰りと雨樋の不具合という二通りがあることがわかりました。
仮に、雨樋自体に何の問題もなく、ごみの詰りが原因であるならば、屋根のリフォームなどの専門業者にではなく、便利屋などに依頼するなら安く済みます。

 

また雨樋の不具合が原因なら、屋根業者ではなく屋根の修理業者に工事を依頼する方が良いでしょう。

 

 

屋根リフォーム金額相場【TOPへ】


page top