ガルバリウム鋼板屋根の評判はいいって聞くけど本当の所はどうなのか

屋根リフォーム工事でガルバリウム鋼板屋根の評判はいいって聞くけど本当の所はどうなのか

ガルバリウム鋼板屋根

住宅の屋根材として使われている素材は多く、古くはトタン屋根、瓦屋根などを用いている住宅が多いものでした。
近年ではその選択肢が広がっており、金属製の中でもガルバリウム鋼板を利用している屋根も多く見掛けるようになりました。

 

ガルバリウム鋼板とは

 

ガルバリウム鋼板とは一般的な鉄ではなくガルバリウムを使っている金属屋根になるので、錆に強くて劣化しにくい屋根材を指しています。
トタン屋根の場合では直ぐに表面に錆が浮き出てしまうことが多く、塗り替えを何度も行う必要があります。

 

ガルバリウム鋼板の場合では、耐久性が高いことからメンテナンスの回数を減らすことも十分に可能な素材です。

 

 

ガルバリウム鋼板屋根の特色

 

ガルバリウム鋼板屋根の特色に関しては、見た目がシンプルなことを挙げることができます。
平坦な屋根に仕上げることができるので、シンプルで洗練されたイメージになることが特色です。
カラーは基本的に1色になるので、好みに合わせたガルバリウム鋼板を使うことで、住宅の見た目を良好にできます。

 

瓦屋根などを用いている場合では、重さが非常にある資材になるので、ある程度の住宅の耐久性が必要とされています。
屋根材は重量がポイントになることが多く、重い屋根の場合では不安定になってしまう可能性があります。

 

この点においてもガルバリウム鋼板の場合では、軽量素材として使うことができるので、耐震性についても高く評価されていることも特色です。

 

 

ガルバリウム鋼板と他の屋根材との比較、メリットデメリット

 

他の屋根材との比較に関しては、まずは、メンテナンスを行いやすい環境にあることを挙げられます。
一定の期間として6年間や10年間が経過してしまった場合では、後に塗り替えを行うメンテナンスが必要です。

 

ガルバリウム鋼板の場合では、塗り替えを行うことが非常に簡単な素材として使うことができるので、メンテナンス費用をあまりかけずに済ませられることが多い傾向にあります。

 

ガルバリウム鋼板のメリットというものがあり、その内容の中には施工しやすい環境にあることを挙げられます。
比較的低予算であっても頑強な屋根を形成することができ、尚且つ耐候性に優れている部分に対しても一定のメリットを感じることができます。

 

できるだけシンプルで手間の掛からない屋根材を考えている方にとってもメリットがあります。

 

一方でガルバリウム鋼板のデメリットに関することもあります。
金属製で比較的薄い素材で作られている屋根材なので、多くの雨が降ってしまった場合では、2階部分では雨音が気になってしまうことがあります。

 

ガルバリウム鋼板のデメリットは他にもあり、熱を蓄積しやすい環境になる可能性も十分にあるので、この対策としては遮熱塗料や耐熱塗料を使うことで解決できる場合があります。

 

屋根リフォーム金額相場、ガルバリウム鋼板屋根の場合

 

ガルバリウム鋼板屋根の金額相場としては、普通の一戸建て住宅の場合では約60万円から80万円程度の価格で張替えを行うことができる場合が多いものです。
この資材に関しては、元々が金属屋根の住宅の場合では、その上に重ね張りを行うカバー工法も用意されている屋根材になるので、この施工方法の場合では、50万円程度の予算にて施工可能な場合も見られます。

 

ガルバリウム鋼板屋根の工事概要

 

ガルバリウム鋼板屋根の工事概要に関しては、基本は野地板部分をしっかりと作り上げて、その上に防水シートを張ることが一般的です。
シートの上に直接にガルバリウム鋼板を張っていく方法になるので、比較的簡単に工事を済ませられます。

 

瓦屋根のように1枚ずつの施工ではないので、短期間にて工事を済ませることができることが基本です。

 

ガルバリウム鋼板屋根リフォームは工事業者選びがポイント

 

このようにガルバリウム鋼板を用いた屋根材に施工することを希望している方ならば、業者選びが重要です。
業者選びに関しては地元の工務店の他、大手のリフォーム会社などが存在しているものですが、ガルバリウム鋼板の工事に精通している業者選びを行うことが最も大切なことです。

 

業者を選ぶポイントはいくつもあり、まずは、施工技術がしっかりとしていることを優先させることも大切です。
慣れていない業者に任せてしまった場合では、直ぐに雨漏りが起きてしまったり、屋根材がはがれてしまう可能性も否定できません。
そのため、ガルバリウム鋼板の取り扱いを得意としている業者に任せる必要があります。

 

料金を明確にしている業者に任せることもポイントです。
現場を見てしっかりと確認を行った上で、最終的な契約書、見積書を出している業者の場合では、安心して任せることができます。
リフォーム等の場合では追加料金の支払いを請求してくる業者も存在しているので、この点には十分に確認することが必要です。

 

業者を選ぶポイントの中には、信頼できる工務店などが近くで営業を行っている場合では問題になることが少ないものですが、そうではない環境の方であれば、インターネットを使ってみることもポイントです。
ウェブサイトには数々の屋根の施工業者のホームページを見つけることができるので、その中から施工実績や料金設定、アフターサービスなどをチェックした上で、最適に感じる業者を絞り込むことも大切です。

 

 

屋根リフォーム金額相場【TOPへ】


page top