屋根リフォーム時に雨樋を修理する場合に知っておきたいポイント

屋根リフォーム時に雨樋を修理する場合に知っておきたいポイント

雨樋

屋根リフォーム時に一緒に修理・補修・交換する事が多いのが雨樋です。

 

では、雨樋を補修や交換する場合どれくらいの金額費用がかかるのでしょうか?
業者にお願いするよりも自分ですれば費用も抑えられますがどの程度なら補修可能なのか?

 

補修方法や業者の選定の仕方などについての疑問にもお答えしていきます。

 

 

屋根における雨樋の役割とは

雨樋の役割

雨樋の主な役割としては、雨などが建物の中に入らないようにすることがあります。
建物に水が入れば、それで壁が腐ってしまい、耐久性に影響を与えます。

 

一方、建物の中に浸水しないまでも、雨水が屋根から落ちることで、落ちた部分が削られて、地表がボコボコになります。
これを放置すると基礎に影響を与える可能性があり注意が必要です。
基礎が不安定になれば、家の老朽化を早めるため、雨樋の役割は大きく、疎かにできない部分です。

 

雨樋が壊れる原因について

 

雨樋の雨漏り

 

雨樋が壊れる原因についてですが、複数のことが考えられます。

 

  • 雨樋に落ち葉などがのゴミたまってしまうこと
  • 雨樋の傾斜が通常の範囲外であること
  • 雨樋を設置してからかなり時間が経過していること(経年劣化)
  • 雨樋の継ぎ手の部分に隙間があること
  • 雨樋が風雨に晒され続けた影響

 

わかりやすいのがゴミが詰まっているかどうかや経年劣化の部分です。
わかりにくいのが雨樋の傾斜についてです。
私自身も、以前に雨樋にゴミが詰まっていて多少手荒に掃除をしてしまったらおかしなことになった場合もあります。

 

雨樋にゴミが詰まってしまった場合の対処方法

雨樋のゴミ対処法

雨樋が壊れた場合には、修理をすることになりますが、原因別の雨樋修理方法として最初に知っておきたいのは、ゴミが詰まった場合です。
ゴミが詰まる場所は大体決まっており、多くは屋根からの雨水をためる集水器の部分です。

 

落ち葉などが流されて、たまっていくことになり、相当な落ち葉などが集まることがあります。
放置をしていればあふれてしまい、雨樋から雨水が漏れることになってしまいます。
その前に集水器はもちろんのこと、他の部分で発生する詰まりにも対応しないといけません。

 

集水器のゴミ詰まりの対処方法

集水器

集水器のゴミ詰まり対処方法としては、集水器のところにハシゴをかけ、落ち葉などを取り出していきます。
この時、全体的に取り除く必要があり、できるだけ綺麗に取り除くことが大事です。

 

一方、雨樋を長く使っていく中で土などがこびりつくなどして落ち葉などのストッパーになってしまっているケースがあります。
そういうことがないよう、これらの詰まっている部分のストッパー部を除去することも求められます。

 

竪樋(たてどい)のゴミ詰まりの対処法

竪樋

竪樋のゴミ詰まり対処方法ですが、最初に竪樋の下にある継ぎ手の部分を外してしまい、円筒形になっている雨樋の内側の部分がはっきりと見えるような形にします。
手で突っ込んで取り出せるものではないため、堅樋の長さよりもより長くカットしておいた針金を用意し、その先に布をボール状にまとめたものをくくっておき、それを上から差し込んでいきます。

 

そして、下に落とすような感覚で差し込んでいき、針金を貫通させるようにします。
あとは出てきた針金を引っ張り出していけばゴミが出てくるので、これを繰り返せば大丈夫です。

 

軒樋(のきどい)のゴミ詰まり対処法

軒樋

軒樋のゴミ詰まり対処方法ですが、ます内側の部分を見て落ち葉などを取り除いていきます。
この場合は突起物の存在が影響を与えるため、それがないかを同時に確認をすれば大丈夫です。

 

それがないようであれば、年に1回程度の確認で問題ありません。
ただし、経年劣化の可能性もあるため、そのあたりを慎重に調べることをおすすめします。

 

雨樋傾斜が問題の場合の対処法

雨樋傾斜の問題

雨樋傾斜が原因の場合だと、雨樋支持金具がしっかりとついているかを確認することが必要です。
雨樋そのものが斜めっているわけではないため、雨樋支持金具で傾斜をつけることになります。

 

なので、傾斜が原因の場合には本来の傾斜角度にするために、雨樋支持金具を調整していくことになります。
もちろん、金属製だからといって力を入れ過ぎれば壊れてしまうことから注意が必要です。
また、傾斜は本来10メートルで数センチ程度がベストであり、それより緩くなれば雨水がたまり、きつくなれば一気に雨水が流れ排水が大変です。
このあたりの調整も必要です。

 

経年劣化が原因の場合の対処法

雨樋の経年劣化

経年劣化が原因の場合は、まずいつ雨樋を設置したかを調べることが必要です。
新築からそのままならば築年数とイコールになります。

 

雨樋はだいたい20年程度が寿命とされており、それを過ぎた場合には経年劣化と考えてよさそうです。
業者に依頼をして交換してもらうことが一番ですが、その場しのぎの方法としてはコーキングもあります。
すぐには業者に依頼できない場合にのみ、それを行い、早い段階で業者に依頼するのがベストです。

 

雨樋の継ぎ手が原因の場合の対処法

雨樋継ぎ手

雨樋の継ぎ手が原因の場合では、継ぎ手同士の接着が悪い場合経年劣化、この2つが考えられます。

 

接着が悪い場合、少ない場所であれば自分でも行えます。
最初に継ぎ手の部分を外し、継ぎ手をきれいにしておきます。
これは接着しやすい形にするためです。
あとは雨樋用の接着剤を塗って隙間がないように密着させれば大丈夫です。
ただ、あくまでもこれは少ない箇所のケースであり、いくつも見られたり、経年劣化だったりする場合は業者への依頼が必要です。

 

風雨や雪などによって雨樋が壊れた場合の対処法

風雨や雪で壊れた雨樋

風や雪などが原因の場合だと、自分たちだけではどうにもならないことがほとんどです。
そして雪などの場合は今後も同じことが発生する可能性があるので、そうなった場合には業者に依頼をするのが一番です。

 

火災保険で対応できることがあるため、もし風や雪などで被害を受けた場合には火災保険が使えるかを確かめることが求められます。

 

 

雨樋の掃除や修理・交換をする場合の手順

雨樋の修理手順

雨樋が壊れてしまったら雨水が家のあらゆる場所に侵入してしまう可能性があります。
放置しておくと建物が腐食してしまう可能性がありますので、すぐに影響がないからといって、そのままにしておくことはまずいことです。

 

もし雨樋がなかったり、壊れたりしたままだと、屋根の軒先から外壁に直接雨水が伝わっていきますので、徐々に腐食していきますし、雨水が落ちて特定の地面に溜まったままになり、それが溝を作るなどして基礎回りを不安定にさせますので老朽化が早まってしまうでしょう。

 

雨樋の不具合原因はいくつかあり、これから紹介する雨樋修理の手順は業者によって異なってきますのでご注意願います。

 

雨樋のゴミが詰まりの掃除方法

雨樋のゴミ詰まり

一般的に多い原因はゴミが詰まってしまうことで、落ち葉などをそのままにしておくと集水器を中心に詰まります。
特に樹木が近くにある場合は、葉っぱが落ちて来やすいですし、風で飛んでくるビニール袋、鳥の巣などもあるでしょう。

 

水が流れる道となる入口の集水器の場合は、直接ゴミを取り除くだけでも良いです。
突起物などによってゴミが溜まりやすいなっている場合もありますからヤスリを使うのもポイントで、最後にバケツに水を入れて、ちゃんと流れるか確認することになります。

 

もし、水の流れが悪い場合は下方向に流す円筒形の竪樋も詰まっている可能性があります。
竪樋は長いですので、繋がっている部分を外して、内側を見て、長くて強度のある針金を用意して、その先にボール状にした布を取り付けるのです。
竪樋の上下部から針金を差し込んで貫通させて上下左右に動かして清掃してゴミを取り除いていきます。

 

屋根から直接雨水を受ける軒樋も同じように溜まっているゴミを取り除いて綺麗にしていきます。

 

雨樋の傾斜の修理をする方法

雨樋の支持金具

雨樋の傾斜がおかしくなっていたり、腐敗して壊れてしまった場合ですが、補修するなどして修理をしていくことになるでしょう。

 

傾斜がおかしい状況のみを改善する場合は雨樋支持金具の位置が悪かったり、ズレていたりするのを直していくだけです。
本来の位置になるように軒樋の勾配を決め支持金具を取付をすることが大事であり、力を入れ過ぎると曲がり過ぎてしまうので注意です。

 

傾斜の角度がないと、その場に雨水が溜まってしまいますから軒樋全体の長さを考慮して軒樋を調整していくことになります。

 

雨樋を交換する場合の手順や方法について

雨樋の交換手順

経年劣化や腐敗でどうしても修理ができないとなった場合は、既存の雨樋を取り外して交換しないといけません。
交換する時は先ほども言いましたように軒樋の勾配を決め支持金具を取付をしないといけませんし、支持金具の穴を防水コーキング剤して腐食しないようにする必要があります。

 

どの作業も大事なものであり、少しでも怠ると雨漏りの原因となってしまうでしょう。

 

あまりにも軒樋が長い場合は、軒樋全体の長さを考慮して軒樋をカットする必要があり電動サンダーを使用して綺麗に切ります。
集水器に収まった状態で計算しないと長くなり過ぎたり、短くなり過ぎたりする可能性があるので注意してください。

 

軒樋に 継手・止まりの取り付けになりますが、接着部分は雨樋専用の接着剤を使用します。
少しだけの塗布だと接着が甘くなってしまいますから少し多く塗るのが良くて、隙間ができないようにしましょう。

 

集水器を取り付けは難しいように感じますが、軒樋を両方から差し込む形で取り付けを行ないます。
古い軒樋を使用する場合は、取り付けるのが難しくなってしまいますから収縮性コーキングで繋げるのも良いですし、外れないようにするために支持金具を用いて強度を上げてください。

 

その後は下に雨水が流れるように竪樋を取り付けて、集水器と接続する必要がありまして、支持金具で垂直になるように固定をさせます。
壁伝えに曲がっている部分になりますが、ここは専用のエルボというパイプがありますので向きを調整して取り付けていきます。
まずは全体を一度仮止めし、確認してから取り外し、接着面に接着剤を塗ってしっかりと固定させましょう。

 

取り付けて終わりではなく、最後に排水経路の確認をしなければなりません。

 

上から落ちてきた水が最後まで流れるかを確かめないと、途中で失敗しているか確認できませんので必ず行なわれることであり、地面に雨水枡があり排水口があるのであれば繋げる必要もあります。
地域によっては雨水枡にそのまま流すのではなく道路に流す場合もあり、どういう風に建てられているかによっても異うので事前に確認しておくのが良いでしょう。

 

軽いゴミの詰まり程度であれば個人で掃除をするだけなので簡単にできますが、雨樋が壊れていて一から取り付けないといけない場合は業者に依頼をしないといけません。
しかし、屋根業者に依頼してしまいますと屋根工事の営業もされますので、どこに依頼するかも注意しておきましょう。
掃除と修理ではかかる時間も作業も道具も異なりますから、何が原因で雨漏りしているのかを確認するのも大事です。

 

<雨樋交換の手順まとめ>

  1. 雨樋(軒樋・竪樋・集水器)支持金具の撤去
  2. 支持金具の後をコーキングで埋める
  3. 支持金具を取付
  4. 軒樋を長さに合わせてカット
  5. 軒樋に継ぎ手を付けながら接続、端には止まりを取付
  6. 集水器の取付
  7. 竪樋を集水器と接続、固定
  8. 排水経路の確認
  9. 排水用の雨水枡があるならば接続する

page top