屋根リフォーム工事でよく聞く「破風板」とは?修理金額はどれくらいなの?

屋根リフォーム工事でよく聞く「破風板」とは?修理金額はどれくらいなの?

破風板

屋根リフォームをする時に見積書などによく出てくる「破風板」とはどこの部分でどんな役割をしているのでしょうか?

 

破風板とは屋根の端部をカバーする材料です。

 

屋根と軒天井との境にある部材で、建物の最も外側にある部材として人目につきます。
破風板は屋根と共に重要な役割をはたし、外装の改修では必ずといってよいほど対象となる部材です。
屋根と共に破風板の知識を持つことは住宅を長持ちさせるために必要です。

 

 

破風板の役割は4つあります

 

破風板の役割

破風板に求められる役割は防水性、耐風性、防火性、意匠性です。屋根に必要とされる役割は破風板にも必要です。

 

 

防水性

破風板は屋根の端部に設置されるため、防水性は欠かせません。
屋根と軒の取り合い部分となるので、雨仕舞いの難しい部分でもあります。

 

勾配の付いた屋根で流されてきた雨水は、破風板に取り付けられた雨樋を通して下に落下します。
雨樋で受け止めきれなかった雨水は破風板に垂れてきます。

 

耐風性

破風板は強風にさらされるので、高い強度が必要です。

 

破風板は屋根の垂木の先端についています。
破風板は垂木の先端にしっかりと留め、壊れないようにしなければなりません。

 

積雪地において破風板の部分は雪の荷重も加わります。
場合によっては壊れることもあり、修理が必要となる場合もあります。

 

防火性

破風板は隣家で火災が起きた場合、延焼の恐れがあります。
破風板は法律に定められた防火構造が必要です。

 

法律の対象となるのは、破風板が準防火地域の延焼の恐れの有る部分に存在する場合です。
準防火地域以外では戸建て住宅の破風板が防火対象となることは通常ありません。

 

意匠(デザイン)性

破風板は軒の先端の目立つ位置にあります。
そのため、意匠(デザイン)的に役立たせることができます。

 

屋根の先端はアクセントの付け安い場所です。
屋根や外壁は派手な色は使えませんが、破風板は派手な色使いも許されます。
屋根と外壁に落ち着いた色を使った場合でも、破風板に派手な色使いをし、アクセントとすることはよくあります。
破風板は屋根とのバランスにおいて幅を広く取ることで、屋根を重厚に見せることができます。

 

 

破風板の材質はだいたい3種類に分類されます

 

破風板の材質

破風板の材質は木質系、金属系、窯業系があります。
それぞれに性質や価格が異なり、見た目も違います。
材料を選ぶことができる場合は、その特徴を見極めることが必要です。

 

木質系

構造が木造の住宅では、破風板を木質系にすることは自然なことです。
木製の破風板は加工性に優れ、同じ木製の垂木との接合も容易です。

 

木質系の破風板は風雨で劣化する恐れがあるので、塗装して使われるのが一般的です。
また、木材は防火性が弱いので、準防火地域ではそのまま使用することはできません。

 

金属系

金属系の破風板は丈夫で長持ちします。
加工が必要なために木質系よりは高価です。

 

現在はガルバリウム鋼板を加工してつくられるものが多く、下地は木材が用いられます。
金属系の破風板は木質系破風板の改修にも用いられます。
木質系の破風板を下地に鉄板を加工することで、きれいな仕上がりとなります。

 

窯業系

窯業系の破風板にはセラミックやセメントが用いられます。
一般に防火性があり、準防火地域で延焼の恐れの有る部分など、法律により防火構造が必要な部分に用いられます。
また、意匠性に優れるので、デザイン性を重視した住宅にも用いられます。

 

破風板を白色系にするのはおススメできない!?

 

破風板は色を自由に決められるメリットがあります。
その反面、間違った色使いをしがちな部位です。

 

破風板を白くしてしまうと【水垢】が目立ってしまうんです。
風雨にさらされてしまうので、どうしてもこの水垢問題は避けて通れません。

 

破風板の色は屋根や外壁とバランスが取れている必要があります。
一般的には白よりも、濃く着色されたものが使われます。

 

しかし、外装の基調が白の場合は、破風板も白にしたいところですが、薄いベージュや薄いグレー系にしたほうが良いでしょう。
破風板は単独での色よりも、屋根や外壁とのバランスにより色が決められます。

 

 

破風板の価格ってどれくらいなのでしょうか?修理方法や修理金額費用は?

 

破風板の修理費用

一般的な大きさの住宅では、破風板の価格は10万円から30万円程になります。

 

破風板は一般に木質系に塗装されたものが最も安く、鉄板系がそれに続きます。
防火構造の仕様を持つ窯業系もののは価格が高めになりなります。

 

破風板は単独で発注するよりも、屋根工事と合わせて発注したほうが安くできます。

 

破風板の修理方法

破風板は部分的な破損であれば修理が可能です。
特に木質系のものはガルバリウム鋼板で包むことにより、修理が可能です。

 

破損や劣化が破風板全体に及んだ場合は、取替えが必要となります。
すでに防火材料が使われている場合は、取り替える材料も防火構造とする必要があります。
塗装替えだけでも、十分な修理となる場合があります。

 

破風板の修理費用目安

通常の大きさの住宅では、既存の破風板を金属板で包む修理は、15万円から30万円程必要になります。
塗装替えは5万円から15万円程ですが、単独の工事と他の工事と一緒に行う場合では異なります。

 

正確な工事価格を知るには、依頼前に見積もりを取ることが必要です。

 

破風板の修理を1円でも安くする方法

破風板の修理を安くするためには保険の適用が考えられます。

 

火災保険には風災補償がされているものがあり、破風板の修理も対象になります。
破風板の修理は単独で依頼するよりも、屋根工事や外壁工事と一緒に依頼すると安くなります。

 

 

屋根リフォーム金額相場【TOPへ】

 


page top