屋根リフォーム工事で葺き替えをする場合に是非知っておきたいこと

屋根リフォーム工事で葺き替えをする場合に是非知っておきたいこと

屋根リフォーム工事

屋根の葺き替えとは?

屋根の葺き替えとは古くなった屋根材を葺き替えることです。

 

基本的には古い部分を撤去し、屋根の仕上げ材を新しくします。
撤去の範囲は野地板より上の部分で、古い防水紙を含みます。
屋根の撤去と共に外される金物部分も工事範囲となります。

 

屋根の葺き替えパターンってどれくらいあるの?

屋根の葺き替えパターンどれくらい?

屋根の葺き替えは既存の屋根材と新設の屋根材の組み合わせによりパターンが異なります。
さらに、既存の屋根材を張り替える方法と、既存の屋根材を残したまま新たな屋根材を葺く、カバー工法があります。

 

瓦屋根を葺き替える場合は、新たな屋根材も瓦とするパターンと、新たな屋根材をスレートやガルバリウム鋼板とするパターンがあります。
同じように、既存の屋根材がスレートまたはガルバリウム鋼板である場合は、新たな屋根材をスレートまたはガルバリウム鋼板とすることになります。

 

一般に瓦のような重い材料をスレートやガルバリウム鋼板のような軽い材料に葺き替えるパターンでは問題が生じません。
しかし、スレートやガルバリウム鋼板のような軽い材料を瓦のような重い材料に葺き替えることは無理があります。
建築基準法により、瓦のような重い材料を屋根に葺く場合は、建物の構造部分を丈夫につくっておく必要があるからです。

 

 

ベストな屋根の葺き替えパターンについて

ベストな屋根の葺き替えパターン

屋根の葺き替えでベストなパターンは、これまでは瓦屋根をスレート屋根とするパターンでした。
これからは、瓦屋根やスレート屋根をガルバリウム鋼板とすることがベストな葺き替えパターンとなることが予想されます。

 

ガルバリウム鋼板がベストな理由とは

 

ガルバリウム鋼板屋根

 

ガルバリウム鋼板は従来の亜鉛鉄板と比べて耐久性があり、しかも経済的なことから、ベストな屋根材と言われています。

 

住宅の地盤が頑丈で、予算が十分ならば瓦葺と言う選択肢も考えられます。
しかし、一般的な住宅ではガルバリウム鋼板がベストな選択となります。

 

屋根材の求められる性能には防水性と耐火性がありますが、ガルバリウム鋼板はこれらの性能を十分に満たしています。

 

ガルバリウム鋼板が普及した大きな理由は経済性です。
優れた屋根材は他にもありますが、経済的に求めやすい材料では、ガルバリウム鋼板が優れています。

 

ガルバリウム鋼板がスレートと比べて優れている点は耐久性です。
スレートは10年ほどで表面の劣化が目立つ場合がありますが、ガルバリウム鋼板はさらに長持ちします。

 

ガルバリウム鋼板は葺き方も豊富で、水勾配も緩くできます。
屋根材として軽いことは、地震対策にもなります。

 

金属屋根はどうしても抵抗がある方はこれで解決できます

これで解決

金属屋根は雨の音がしたり、夏に暑くなるなどのことを心配される方がいます。
ガルバリウム鋼板はハイグレード版への変更や工事方法を工夫することで、雨音を感じ難くすることができます。

 

また、断熱性顔料を添加した特殊な塗料を用いることで暑さを防ぐことができます。

 

従来の金属屋根は亜鉛鉄板のような耐久性の低い材料か、ステンレス鋼板やフッ素鋼板、銅板などのような高価な材料かのどちらかでした。
しかし、ガルバリウム鋼板の登場により、高い性能と経済性を併せ持つ材料を消費者は選択できるよういになりました。

 

 

屋根の葺き替え時期について

 

屋根の葺き替え時期

 

屋根の葺き替え時期については材料別に一応の目安が設定されています。
しかし、実際はそれぞれの建物により異なります。葺き替え時期は住宅それぞれの屋根の状態を調査し、適切な時期を選ぶ必要があります。

 

材料別に見る屋根葺き替え時期の目安とは

屋根葺き替え時期の目安

  • トタン屋根・・・・10年以下
  • スレート屋根・・・・10年〜15年
  • 瓦屋根・・・・25年〜30年

これくらいが屋根を葺き替える時期の一応の目安です。

 

トタン屋根は屋根全体の塗料が薄くなり、鉄板がむき出しの部分が出たら塗装替えが必要です。
さびの箇所が増えてきたら葺き替えが必要となります。

 

スレートは表面の塗料が薄くなったりコケが生えてきたら塗装替えが必要で、ヒビが目立つようになったら葺き替えが必要です。

 

瓦屋根はズレが起きているだけなら今の材料が使えます。
しかし、材料に破損が目立つようになったら葺き替えが必要となります。

 

葺き替え時期チェックポイントとは?素人でもできるものなの?

葺き替え時期チェックポイント

葺き替え時期を正確に知るには専門家による調査が必要です。
しかし、専門家以外でもおおよその見当をつけることは可能です。

 

屋根を地上から見て、明らかに劣化が目立つようになったら、塗装替えや葺き替えが必要な時期と考えられます。

 

屋根は塗装替えを繰り返すうちに、表面が劣化していきます。
塗装業者から材料表面の劣化が知らされた場合は、葺き替えの時期が近づいたと言えます。

 

台風や地震の後などにも屋根の状態をチェックする必要があります。

 

屋根は平らな部分よりも棟や金物部分から劣化することがあります。
棟や金物部分が著しく劣化してきた場合は葺き替えを考える必要があります。

 

雨漏りも葺き替えが必要な場合のサインの一つです。
屋根は表面の仕上げ材と共にその下の防水シートにより防水がされています。
雨漏りが発生した場合は防水シートまでも痛んでいる可能性があるので、葺き替え時期が来たと言えます。

 

 

葺き替え工事のメリット・デメリットについて

葺き替え工事のメリット・デメリット

葺き替え工事を行えば、全てがうまくいくわけではありません。

 

葺き替え工事はメリットとデメリットがあります。
葺き替え工事を行う場合は、メリットとデメリットを知ることが大切です。

 

葺き替え工事のメリットとは

葺き替え工事のメリット

葺き替え工事を行うことのメリットは、屋根が新しくなることにより美観が新しくなることです。

 

新築と変わらない美観が得られることは、持ち主にとって誇らしいことです。
古い屋根を載せておくことで浴びせられる世間からの軽蔑の視線を無くすことができるだけで、葺き替えの効果はあったと言えます。

 

さらに葺き替えのメリットとして、雨漏りの心配を当分の間することがない点が挙げられます。

 

屋根の材料を新しくすることは屋根の防水機能を刷新することです。
防水が新しいうちは雨漏りの危険は無くなります。

 

また、重い屋根から軽い屋根に葺き替えた場合は、地震に対して丈夫になるのもメリットの一つです。

 

建物に作用する地震力は作用する部分から上の重さに比例します。
瓦のように重い材料で葺いていると、建物に加わる地震力は大きくなり、地震に対して不利となります。
重い屋根を軽い屋根に葺き替えることで、地震で加わる力が小さくなったことを実感できます。

 

 

葺き替え工事のデメリット

葺き替え工事のデメリット

屋根の葺き替えはメリットだけでなくデメリットもあります。

 

葺き替えのデメリットとして費用の問題があります。

 

百万円から数百万円の出費は決して少ない額ではありません。
その費用を捻出するには計画的な資金計画が必要となります。

 

さらにデメリットに近隣対策があります。

 

屋根の葺き替えでは既存の材料を撤去する必要があります。
既存の材料を撤去することで発生する騒音や振動、粉塵等は近隣住民にとって迷惑なことです。
日ごろから近隣住民との関係を良好に保っておくことが必要です。

 

 

屋根葺き替えの金額費用相場の目安をパターン別にご紹介します

 

屋根葺き替えの金額費用相場

 

葺き替え費用は既存屋根の材料と状態、新しい材料の種類、屋根の面積、工事のしやすさなどにより変わります。
正確には個別の見積もりが必要になりますが、おおよその目安は立てることができます。

 

<一般的な住宅(約100坪)の場合>

  • 瓦屋根を同じ材料で葺き替える金額相場は約150万円〜270万円

瓦屋根でも種類により単価が異なるので、金額に幅が出ます。

  • 瓦屋根をスレート屋根に葺き替える金額相場は約40万円〜210万円
  • 瓦屋根をガルバリウム鋼板に葺き替える場合は約150万円〜240万円
  • スレート屋根を同じ材料で葺き替える金額相場は約120万円〜180万円
  • スレート屋根をガルバリウム鋼板に葺き替える場合は約90万円〜180万円

 

 

屋根葺き替えの工事期間はどれくらいかかるの?工事内容は?

 

ディーラー下取りの疑問

 

屋根の葺き替えを行う場合は工事期間と工事内容を把握しておく必要があります。
屋根期間中は騒音や振動もあるので、工事中の生活について考える必要があるためです。

 

葺き替えパターン別の工事期間

工事期間は葺き替えパターンによって異なり、パターンごとのおおよその工事期間を知ることができます。

 

瓦屋根を同じ材料で葺き替える場合は最も工事期間が必要です。
一日当り4人の職人が工事を行った場合の工事期間は4日から6日程度です。
職人の数が少ない場合は工事期間が延びることになります。

 

他の工事パターンでは、工事期間はおおよそ2日から4日です。
屋根の野地板が腐食している場合は張替えが必要となるので、工事期間は延びます。
工事期間は職人の手配の都合によっても変わってくるので、施工者との事前の打ち合わせにより確認することが大切です。

 

日本瓦→スレートへの屋根葺き替え工事内容

屋根葺き替え工事内容

工事内容は葺き替えパターンよって異なります。

 

瓦をスレートへ葺き替える場合は、足場を組むことから始まります。
足場は屋根の葺き替えでは必要となるもので、建物周囲に一定の空地が必要です。

 

既存屋根の撤去により粉塵が発生する場合は、隣家との間に膜が張られることもあります。
準備が整ったら瓦の撤去が始まります。

 

瓦の撤去では粉塵が飛び散らない方法が用いられる場合もありますが、単に下へ投げ落とす方法もあります。
どちらの方法を選ぶかは隣地の状況によります。

 

瓦以外にも防水シーとまで撤去され、野地板の補修が行われます。
下地を完全に補修したうえで、新たな防水シートと屋根材が張られていきます。

 

各屋根の勾配の規定について

屋根の勾配の規定

屋根の勾配は材料によって変わってきます。

  • 瓦屋根・・・4/10以上の勾配が必要
  • スレート屋根・・・3/10以上の勾配が必要
  • ガルバリウム鋼板・・・工法によって1/10程度の勾配でも施工が可能

屋根勾配が緩いことで建物の高さは抑えられるものの、雨水の流れは悪くなります。
屋根勾配は材料ごとに必要な勾配をとることが大切です。

 

緩い屋根勾配の場合は瓦屋根が葺けない場合もありますが、ガルバリウム鋼板ならばほとんどの屋根で使うことができます。
葺き替えでは既存の屋根勾配を変えることには慎重さが必要です。

 

 

屋根リフォーム金額相場【TOPへ】


page top