屋根リフォーム工事でルーフィングをしたい!種類と金額相場はどれくらい

屋根リフォーム工事でルーフィングをしたい!種類と金額相場はどれくらい

ルーフィング

ルーフィングとは、簡単に説明するとスレートや瓦、ガルバリウム鋼板といった屋根材の下に敷くシート状の防水建材のことで、家を建てる時に欠かせないアイテムです。

 

ルーフィングの役割について

ルーフィングの役割

屋根に設置するルーフィングは防水をするために必ず敷かなければならないアイテムで、これがないと家の中に雨水などが侵入してきます。
見た目的にも瓦やガルバリウム鋼板などの屋根材が雨水を防いでいると思う方がいるかもしれませんが、これらは主に外から見て綺麗な屋根にするために設置されており、ルーフィングは屋根材の下に敷いてある防水目的のものになります。

 

屋根材が無ければ、防水シートが外から見えてしまっている状態になるので見た目も悪いですし、防水シートは耐久性が低いので何かの影響で剥がれたり、傷ついたりすることもありますから屋根材が必要になってきます。

 

屋根材とルーフィングで屋根の1次防水と2次防水をやっています

 

ルーフィング構造

引用元:https://hebelian.com/reform/menu/%E5%B1%8B%E6%A0%B9%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0-2

 

もちろん屋根材とルーフィングの二つとも防水に使うことができ、屋根材には「1次防水」の役割があります。
本来の役割ではありませんので大雨の場合は、それほど大きな期待が持てませんが、ちょっとした小雨程度であれば防水機能として役に立ちますし、傾斜をつけて設置されていますから雨樋まで流すことができるでしょう。

 

その次にルーフィング「2次防水」として利用され、大雨や風の強い日の場合の屋根材だけでは防げない雨水の侵入を、しっかりと敷いていることによって家の中まで侵入させません。
なので瓦の隙間から雨が中に入ってきたとしても問題なく、そのまま雨どいまで流れる仕組みとなっています。
もしシートに穴が開いていたり、破れていたりすると、もちろんそこから雨水が侵入してきますので定期的なチェックやメンテナンスが必要になってきます。

 

このように屋根材の1次防水とルーフィングの2次防水として、2重で備えていることによって雨漏りを防ぐことができますので、しっかりとした設置と家のタイプに合わせて選ばないといけません。

 

 

ルーフィングの種類について

 

ルーフィングの種類については何種類かあるので、それぞれの特徴をご紹介していきます。

 

アスファルトルーフィング

 

アスファルトルーフィング

 

アスファルトルーフィングは、フェルト状の物に対してアスファルトを染み込ませて鉱物質の粉末を付着させたものです。
道路に使われるアスファルトと同等なものを使用しているので、それと同様の防水機能を果たしてくれます。

 

道路を見ても分かるようにアスファルトは水を浸透させずに留めることができまして、非常に固いものです。
施行方法としましてはタッカー留めを行い、ホッチキスのように板に打ちとめていきます。
専用の工具を使用しますが、単純な工法なので多くの業者で用いられており施工は難しくはありません。

 

改質アスファルトルーフィング

 

改質アスファルトルーフィング

 

もう一つの種類になるのが別名ゴムアスファルトルーフィングとも呼ばれている改質アスファルトルーフィングです。
アスファルトのみを使用するだけではなく、合成樹脂や合成ゴムも原料として混ぜられており、改良されて作られたものなので改質アスファルトルーフィングとなります。

 

大きな特徴は、温度変化に強くなっていますので高温でも低温でも問題なく使用することが可能で割れにくい強さもあり、耐久性が非常に高いです。
自己接着性もありまして、伸びや曲げに強く収縮性も同時に持ち合わせていますので、屋根の平な部分だけではなく谷になっている部分にも使いやすく、利便性が高く重宝されます。

 

施行する時は一般的にタッカー留めになりますが、そうするとどうしても穴が出来てしまい、そこから雨水が侵入する恐れがありましたが、穴も最小限に留められますからリスクを低減できます。
そのまま板に張り付ける粘着層留めも行なわれることが多くあります。

 

 

屋根リフォーム時のルーフィングの金額相場はどれくらい?そのほかの疑問についても解説していきます

 

<ルーフィングの金額相場目安>

  • アスファルトルーフィング・・・約3,700円〜5,500円(約20m×1m)
  • 改質アスファルトルーフィング・・・約5,000円〜9,500円(約20m×1m)

ルーフィングのみの価格目安です。施工費用等は含まれていません。
性能面で有利な改質アスファルトルーフィングのほうがやはり高額になっています。

 

ルーフィングの施工中に雨が降っていても大丈夫なの?

ルーフィングの施工中に雨

ルーフィング施工中に雨が、、、問題は無いの?といった疑問がありますが、それは雨の程度によって変わってきます。

 

ちょっとした小雨程度であれば、ルーフィングがそのままの状態であっても全く問題はありません。
そもそも、それ自体が防水資材でありますから雨が降っても大丈夫ですし、風が強い訳ではありませんので傷む心配もそれほどしないで良いでしょう。

 

仮に暴風雨が降った場合には、そのときは傷つかないようにブルーシートなどを被せる必要があります。
継ぎ目から雨水が侵入してくることも考えられるので、板も傷んでしまいます。
板が濡れて湿気ることによって腐食していく心配がありますから、施行中はいつでも雨対策ができるようにしなければなりません。

 

ルーフィングに穴が開いたり破れた場合の対処法は?

ルーフィングに穴が開いたり破れた場合の対処法

もし穴開き破れを見つけた時の対処法ですけど、その時はすぐに施工業者や現場責任者に連絡をとってください。

 

そのまま放置していて工事が完了した場合は後で確認することができなくなってしまい、不具合が生じる可能性があります。
施工不良があったとしても問題が発生するのは数年後の可能性も高いですし、何が原因でそうなったか分からないですから施工業者の不手際が原因でも自分で修理費用を支払わないといけなくなるでしょう。

 

屋根リフォーム金額相場【TOPへ】


page top