屋根リフォーム工事する時の断熱は換気が大切です

屋根リフォーム工事する時の断熱は換気が大切です

屋根断熱

屋根の断熱の基本方法には、主に天井断熱屋根断熱のふたつがあります。
一般的な住宅屋根の場合、その断熱方法は天井断熱を指しており、天井が水平になっている住宅では大半がこの天井断熱の方法で断熱されています。

 

屋根断熱の特徴【天井断熱】

屋根断熱の特徴【天井断熱】

屋根断熱の特徴として天井断熱を例に挙げれば、天井の直上に断熱材を敷き天井裏の熱を室内に伝わらないようにしている点があります。

 

天井断熱とは一般的な住宅屋根に適用される方法であると理解されていますが、天井断熱においてメインとなる断熱材としてはグラスウールやロックウールが頻繁に使用されています。
簡単な施工方法になっており、断熱材を敷き詰めるのみの作業となります。

 

天井断熱の特徴として、まず施工面積が最小限であるため余分な断熱材の費用がそれほど掛からないという点があります。
次に施工方法が簡単であるため、安価な費用で済むという特徴も挙げられます。

 

最後に安価であるにもかかわらず断熱効果が高いことから、費用対効果に優れているメリットがある点をアピールできます。

 

屋根断熱の特徴【屋根断熱】

屋根断熱の特徴【屋根断熱】

これに対し、屋根断熱とは天井が屋根の形をした住宅に採用される断熱方法になります。
屋根の形をした天井は、勾配天井と呼ばれています。

 

屋根断熱の特徴としては、まず施工面積が広くなるため断熱材に掛かる費用が高くなる点があります。
次に施工には高度な技術が必要となるため、施工費用が高くなる特徴を確認できます。

 

また室内空間が広くなるため、空間を有効活用できる点もあります。
室内空間が広くなれば、開放感のある室内を味わうことができロフトや物置きとして活用することも可能になります。

 

最後に室内空間が広くなることにより、空調費用が高くなってしまう点があります。

 

屋根断熱の金額費用目安と工事期間について

屋根断熱の金額費用

費用目安については一般的な規模の屋根60平方メートルあたりで計算した場合、天井断熱が税別で25万8千円から120万円程度となっています。

 

屋根断熱については税別で屋根葺き替えを含む場合、一般的な規模の屋根60平方メートルあたり14万5千円から254万円程度です。

 

金額に大きな幅がある理由は、断熱材や施工方法の違いによって変動するためです。
つまり過剰な断熱の実施に踏み切るのかどうかによって、金額に大きな差が生じるということになります。

 

工事期間については天井断熱がおよそ2日から4日程度であり、屋根断熱はおよそ2日から7日程度となっています。

 

 

屋根断熱効果をより高めるには

 

換気口

 

より断熱効果を高める方法は、小屋裏の換気になります。
小屋裏とは、天井と屋根の間にできた空間のことです。

 

小屋裏の通気や換気を良くする場合、それほど費用は掛かりません。
小屋裏の上下に換気扇を設置するだけで完了となります。

 

具体的には排気のため小屋裏上部に大棟換気口と呼ばれる換気口をつけ、吸気のため小屋裏下部にも軒下換気口と呼ばれる換気口をつけます。

 

自然に暖かい空気は上昇するため、大棟換気口から排出されることになります。
冷たい空気については、軒下換気口から自然に吸い込まれます。
これは温度差による現象であるため、自然に小屋裏内部が換気されることになります。

 

 

より良い屋根断熱工事をしてもらうためには何を気を付けたらいいのか

より良い屋根断熱工事

現在では、インターネットなどで屋根の断熱に関する情報を無料で入手することが可能となっています。
そのため、疑問などを解決してもらえる情報に溢れている状況を確認できます。

 

地元業者もインターネット上の業者も、自社商品を売り込むことで必死です。
たくさんの業者が多種多様な断熱材や施工方法などを活発に宣伝しているため、情報過多になっている現状であると捉えられます。

 

これらの宣伝や広告に惑わされないためには、自分自身で屋根の断熱の基本方法を熟知する必要があります。

 

ここで大事なポイントは、優良業者に依頼するということになります。

 

屋根断熱の良し悪しは施工技術による差が大きい

施工技術による差

屋根の断熱については、インターネットで様々な断熱材や施工方法を見つけることができますが、その大半が自社の製品や施工の売り込みになっています。
難しい建築専門用語や製品名などを紹介している業者については、特に注意しなければなりません。
チェックしている人の判断力を低下させるため、オーバーにアピールしている可能性もあります。

 

屋根の断熱効果は断熱材や施工方法で決まるわけではなく、施工技術によるところが多くなっています。

 

断熱材や施工方法が優れていたとしても、隙間の多い断熱材の敷き方であれば施工の結果としての効果に違いが生じます。

 

屋根断熱の優良業者を確かめる方法

屋根断熱の優良業者を確かめる方法

優良業者なのかどうかを判断する手段として、電話で確かめる方法があります。

 

電話で「屋根が突風により壊れた」といった内容の話をした際に、『火災保険で賄われる可能性がありますので火災保険に加入しているのかどうかを確認させてください』という返答があれば優良業者と判断しても問題ないでしょう。

 

このような電話対応ができるのは、日常的にお客様の満足を一番に考えている証拠になります。
お客様が困っている状況に対して、適切に対応してもらえる業者が本当の優良業者です。
依頼者が希望している施工方法に合わせてもらえる業者であるということも、忘れてはならないポイントになります。

 

 

屋根リフォーム金額相場【TOPへ】


page top