屋根リフォーム工事で雨漏り修理や調査を依頼する場合の注意ポイント

屋根リフォーム工事で雨漏り修理や調査を依頼する場合の注意ポイント

雨漏り

家のトラブルで多いのが雨漏りです。
雨漏りを放置していると木造部分が腐食して家の耐久性が弱まります。シロアリが出れば、さらに劣化が進んでしまいます。
湿気の多い場所はカビも発生しやすくなるので、住む人の健康にも影響が出てきます。
自分で修理しても雨漏りが続く場合は、専門の会社に依頼して調べてもらった方が安心です。

 

雨漏り調査では、雨漏りの原因を突き止めることが重要になります。
原因を知ることで、それぞのれ対策方法が異なってくるからです。

 

屋根の雨漏りが発生すると・・・

雨漏り発生

雨漏りを引き起こすことによって、屋根材の下にしいてある防水シートまで雨が流れこみ、さらにシートが破れるなど経年劣化を引き起こしていると建材にまで湿気が及んでしまいます。

 

建築素材に湿気や雨水が触れてしまうと、家の強度や耐久性を損ねるだけでなく、室内のクロスに染みができてしまったりシロアリやネズミなど害虫が発生しやすい環境になります。
そこで雨漏りが気になったときはすぐに雨漏り調査を受けることが重要です。

 

雨漏りの原因【施工不良】

 

施工不良

 

雨漏り調査によって原因がわかりますが、その1つが、施工不良によるものです。

 

施工直後は綺麗になっていても、屋根材に隙間があったり重なっている部分に圧力がかかってしまうとずれてしまうことがあります。
釘で屋根材をとめていても、施工不良によって浮いた状態になると棟板金の剥がれや浮きの原因になります。

 

少し強い風が吹いただけでも屋根材が飛ばされてしまうことがあるので注意が必要です。

 

雨漏りの原因【経年劣化】

 

漆喰の経年劣化

 

雨漏りの原因で多いのが経年劣化です。屋根が古くなって機能が低下するとポタポタと水が漏れてくることがあります。

 

棟板金の剥がれや浮きは、施工不良だけでなく経年劣化によっても起こります。

 

屋根材は紫外線や風雨が直接あたるため、劣化がしやすい部分でもあります。
毎日少しずつ劣化することで、棟板金の剥がれや釘が浮いてしまうだけでなく、漆喰の崩れやヒビの発生も起こります。
漆喰は一部が崩れてしまうと他の部分も少しずつ崩れてしまいます。

 

そして瓦割れやスレート浮きも紫外線が直接あたることによって塗膜が少しずつはげてしまい、雨水がしみ込みやすくなってしまいます。
塗膜がなくなることで撥水性を損ねてしまうので、湿気や雨水が屋根材に染み込みやすくなります。
それが冬場など氷点下になると凍ってしまい、屋根材に含まれた湿気が膨張して割れてしまうことがあります。

 

雨漏りの原因【コーキング材の剥がれ】

 

コーキング劣化

 

その他に雨漏りの原因としてコーキング剤の剥がれが考えられます。
経年劣化によりコーキング剤が剥がれてしまうと、隙間ができて水が漏れるリスクが高くなります。

 

屋根材を敷き並べるときにわずかな隙間があるとそこから湿気や雨水が入り込んでしまいますから、弾力性があるコーキング剤で隙間を無くします。
しかしそのコーキング剤も経年劣化によって少しずつ破れたり剥がれたりしてしまうので、雨漏りを引き起こすことがあります。

 

コーキング剤は目地の隙間を塞ぐときに外壁塗装でも頻繁に使用されますが、実は外壁からも雨漏りというのは起こります。
そのため雨漏りの原因は屋根からだけではなく、外壁からも起こることを知っておいて、調査を受けることが欠かせません。

 

外壁の状態は普段は目につくので定期的に確認することができますが、屋根の状態は見上げなければ見ることがないので確認する機会がほとんどありません。
気づいたときには雨漏りを引き起こしていて、建材にまで影響が出ていたということが少なくありませんから、定期的な点検が必要です。

 

瓦屋根のひび割れであれば劣化した部分だけを交換すればいいですし、棟板金の剥がれや浮きも部分的な修理だけでいいので、被害が大きくなる前に補修をすることが費用を安く抑えるコツになります。

 

強風や突風などで屋根の頂上に取り付けてある金属板が浮くと、その部分に隙間ができて水漏れの原因になることもあります。
固定部分がもろくなっていないか定期的にチェックすることで、被害を最小限に抑えることができます。

 

 

雨漏り調査の種類と方法

 

雨漏り調査

 

雨漏り調査については会社によって様々な調査があります。

 

目視調査

 

目視調査は雨漏りの状況を詳しく聞いた後で屋根を目視でチェックし、雨水の漏れる部分を特定していきます。

 

散水調査

 

散水調査では、雨水が入ると推測される部分にホースで散水して原因を探ります。
散水する時間は10分から30分くらいです。

 

発光液調査

 

発光液調査は、雨水が侵入していると推測される部分に発光液を流し込んで紫外線をあてる方法です。
水が漏れると紫外線により発光するので、どこから水が漏れているかがわかります。

 

赤外線カメラ調査

 

赤外線カメラ調査は、赤外線カメラを使って水漏れを調査します。
赤外線カメラは温度差を色分けできるため、雨水が漏れて温度差が生じている部分がわかります。

 

 

どの雨漏り調査をするのがオススメなの?

雨漏り調査オススメ

様々な雨漏り調査がありますが、おススメは目視調査です。

 

しかしネット上には雨漏調査をすすめない3つの理由を主張する人もいます。

 

理由のひとつが、雨の日に屋根にのぼって調査することのリスクです。
台風の時などは特に危険です。

 

雨漏り調査費用の目安は会社によって異なります。
自社のホームページを持っている会社は、目安となる費用を記載しているところもあります。

 

最も安いのは目視調査で、他の調査に比べるとリーズナブルな費用で調査を依頼することができます。
費用の金額相場が最も高いのが赤外線カメラ調査です。

 

 

火災保険の風災保証を使えば雨漏り修理金額が0円になります

風災保証

雨漏りの原因が割れた瓦や崩れた漆喰の場合は火災保険の風災補償により0円で修理できるケースがあります。
加入している保険の証券をチェックして、火災だけでなく風災も補償対象だと記載されていれば雨漏りの修理が実質0円でできる可能性があります。

 

風災補償というのは、強風が原因で起こる災害の補償です。
突風で瓦がずれてしまうことはよくありますが、このような場合は風災になります。
風災補償は、現在日本にあるほとんどの火災保険や住宅総合保険に付帯されています。

 

保険では、強風で屋根が壊れて雨漏りをした場合は事故扱いとなります。
風災事故にあって保険の申請を行うことは保険の加入者にとっては当然の権利ですが、中には風災補償について知らない人もいます。
風災事故は、火災保険で申請件数が最も多いです。

 

風災事故でなく経年劣化や施工不良により雨漏りしている場合は、残念ですが火災保険は使えません。
経年劣化と言われた雨漏りであっても、実は風災が原因だったケースもあるので素人では判断が難しいでしょう。
経年劣化だと決めずに保険申請してみれば、風災が原因だと判明したときに費用負担なしで修理ができます。

 

保険申請で迷った場合は、保険申請をサポートしてくれる専門会社に相談することで的確なアドバイスをもらえます。
日本には多くの専門会社があるので迷う人もいますが、できるだけ実績があり評判の良い専門会社に相談することが大事です。
最近は、無料相談やメール相談を受付けている会社も増えています。

 

 

屋根リフォーム金額相場【TOPへ】


page top