屋根リフォーム工事の参考に、屋根の代表的な形状とその特徴について

屋根リフォーム工事時の参考に、屋根の代表的な形状とその特徴について

屋根の形状

家を建てる時に屋根についてはあまり関心がないことが多いようですが、内装や間取りなどと同様に屋根の形も自分で選ぶことができます。
屋根の形には代表的なもので8形状あってそれぞれに特徴がありますので、事前に知っておくことで家造りの打ち合わせで焦ることがなくなります。

 

切妻屋根

 

切妻屋根

「切妻屋根」は日本で一番多く見る形で三角屋根とも言われています。
そのシンプルさは和風洋風どちらのタイプにも合うというデザインの柔軟さが特徴です。

 

また単純な構造だという点で安価に仕上げることができ、雨漏りもしにくいというメリットがあります。

 

デメリットとしては、太陽光パネルを設置する場合には屋根面の方向が南北に限られる点があげられます。
東西向きの屋根でも太陽光パネルは設置可能ではありますが、発電効率は悪くなります。

 

 

寄棟屋根

 

寄棟屋根

「寄棟屋根」4方向からまさに屋根面を寄せ合って中央で合わせているタイプですので、耐風性に一番優れていると言われています。
こちらも切妻屋根と同じくらい日本の住宅では一般的で、どんな雰囲気の住宅にも合います。

 

メリットは、台風などの悪天候にも強い耐久性があることです。
寄せ集めている棟部分の構造が複雑になることから、雨漏りの可能性が他の形状よりも高くなるのがデメリットと言えます。

 

 

片流れ屋根

 

片流れ屋根

「片流れ屋根」は、そのシャープな見た目から洋風住宅に、また敷地の狭い住宅において、近年採用されることが多いタイプです。
単純な構造により安価で済ませることができ、デザイン性の高さと、屋根裏部屋を2Fに広く作ることができるのがメリットです。

 

太陽光パネル設置希望の場合には、屋根面を南向きにする必要があること、1面で雨を受けるために大きな雨樋は必須となることなどが注意点です。

 

 

陸屋根

 

陸屋根

「陸屋根」は「ろくやね」とも呼ばれるもので、見た目が水平で屋上のあるタイプです。
鉄筋コンクリート住宅で採用されることがほとんどです。

 

屋上スペースの有効化のために一役買いますが、雨漏りしやすい点もあげられます。
太陽光パネル設置希望の際には、角度をつけるために追加費用が必要となります。

 

 

入母屋屋根

 

入母屋屋根

日本において古い時代から伝わる「入母屋屋根」は、日本の伝統的な屋根の形で、独特な重厚感が漂います。
瓦屋根においてはそのほとんどがこのタイプで、やはり和風住宅に合います。

 

構造上、屋根裏に位置する部分の通気性・断熱性の高さに定評があり、高い耐風性は4面構成によるものです。
修理が必要となった時には継ぎ目の多さから専門的な技術が必須で、費用も高くなります。

 

 

方形屋根

 

方形屋根

「方形屋根」はピラミッド型とも言われる屋根の形状です。
見た目が似たタイプの寄棟屋根との違いは、ほぼ正方形の住宅に採用され、屋根の頂上は点になっていることです(寄棟屋根では線になっている)。

 

高い耐風性は4面構成によるものですが、4本の棟により雨漏りもしやすくなります。
太陽光パネル設置は、屋根面がそれぞれ狭いために難しくなります。

 

 

招き屋根

 

招き屋根

現代において一番弱点が少ないと言われる「招き屋根」は、2面の屋根が高さを変えて段違いに設置されているタイプで、差しかけ屋根とも呼ばれています。

 

たくさんあるメリットの中でも、太陽光パネルの発電効率が良い(屋根勾配が太陽光パネルに適合)、2Fに屋根裏スペースを広く確保できる、屋根裏は通気性や断熱性に優れるため通常部屋としての利用が可能、施工費用が安いのに高い耐風性を持つ、などが代表的なものです。

 

雨漏りのリスクを減らすためにも、2面の屋根の中間部分の雨仕舞いが重要となります。

 

 

はかま腰屋根

 

はかま腰屋根

「はかま腰屋根」は、下記にある道路斜線制限にかかる場合に採用することがある屋根の形状で、見た目は切妻屋根の棟の端を少し切り取ったようになっています。
道路斜線制限にかかっても、はかま腰屋根にすれば間取り変更とならないというメリットがあります。

 

切妻屋根と似ていますが、棟の形状が少々複雑になるので雨仕舞いをしっかりする必要があります。

 

 

屋根の形状の制限について

 

また、屋根を選べはしますが、その100%を完全に自由に設定できるわけではなく、屋根の形には4つの制限があることも覚えておきましょう。
これは、国民がお互いの健康や財産等を守るために建築物について最低基準を建築基準法にて定めているものです。

隣地斜線制限

隣地における日当たりと風通しを遮らないためのもので、境界線からの距離で屋根の高さ・勾配が決められています。

 

絶対高さ制限

屋根を含む建物の高さが10mもしくは12mまでとする制限ですが、これは全地域にかかるものではなく、第一・第二種低層住居専用地域に限定されています。

 

北側斜線制限

北面に隣接する土地の日当たりを確保するためのもので、境界線からの距離で屋根の高さ・勾配が決められています。

 

道路斜線制限

目の前を走る道路における採光・風通し・見通しの確保のために、道路に面する建物のある一定部分に限り高さが制限されるというものです。

 

これらを踏まえて、屋根の形状も選ぶことになります。

 

 

屋根リフォーム金額相場【TOPへ】


page top