屋根リフォーム工事で勾配を決めるときのポイント

屋根リフォーム工事で勾配を決めるときのポイント

住宅街

住宅にとって屋根は雨風や直射日光などから住宅を守るために非常に重要なものです。
そのため目的に応じて様々な材料を利用することが多いのですが、屋根を作る際に注意しなければいけないポイントとして屋根勾配があります。

 

屋根勾配は住宅の外観を決める重要な要素となるばかりでなく、様々な自然環境や材料によっても大きな影響を受けるのでその知識をしっかりと習得して決めることが重要となります。

 

屋根勾配を決める際には、これから解説するポイントを押さえて決めることが必要ですので参考にしてみてください。

 

屋根勾配とは?

屋根勾配とは

1つは屋根勾配とは何かをしっかりと理解しておく事です。
屋根勾配とは水平方向の長さに対してその傾斜を示すもので通常水平方向の長さに対して高さの割合を示したものです。

 

一般的には4寸や5寸といった表現をしますがこれは10寸の水平方向に対して4寸や5寸の高さがあると言うことが一般的な屋根勾配の表示方法となっています。
実質的には10メートルの水平方向の長さに対して4メートルもしくは5メートルといった割合で高さがあると言う意味と同じになります。

 

屋根勾配の種類には大きく分けて急勾配と並勾配及びなだやかな勾配があり、それぞれ特徴や用途が異なるのでその内容をしっかり理解した上で選ぶことが大切です。
また屋根材で最低の屋根勾配が決まっているのでこれもよく理解しておくことが必要になります。

 

 

急勾配屋根のメリット・デメリット

 

急勾配屋根

 

急勾配は6寸以上の傾斜がある屋根を指し、欧米の住宅のようにデザイン性に非常に優れた印象があります。

 

しかし、屋根の面積が大きくなるため塗装やメンテナンスに多くの費用がかかること、また雪などが積もった場合に雪下ろしに非常に危険を伴うことなどから利用される場所が限られるものとなっています。

 

一般的に非常に傾斜の大きい屋根は積雪の多い地域に利用される印象がありますが、これは積もった雪が自然に落ちるような構造としているためで、屋根としては非常にコストがかかる上メンテナンスに費用がかかる傾向があります。
そのため相応の準備をしなければいけない屋根でもあり、これが急勾配屋根のメリットデメリットとなっています。

 

 

緩勾配屋根のメリット・デメリット

 

緩勾配屋根

 

緩勾配屋根のメリットデメリットとしては傾斜がなだらかになることによる様々なものがあります。

 

1つは屋根の面積を小さく抑えることができるため費用があまりかからないと言う点があります。
また住宅の縦方向の大きさを小さく抑えることができるので見た目にも非常にバランスが良く安定した印象を与えると言う点も1つのメリットとなっています。

 

ただしデメリットとしては雨風を向ける角度が大きくなるため雨漏りがしやすいことや、太陽の直射日光を受けやすいことから塗装の劣化等が激しいといった点があり、頻繁にメンテナンスを行わないと雨漏りや屋根の破損といったトラブルが起きやすい面があります。

 

しかし屋根にベランダを配置したりといったことが容易にできることもあり、積雪が少ない穏やかな気候の地域では比較的採用されている屋根勾配となっています。

 

 

屋根材によって最低勾配は決まっています

屋根勾配は決まっている

このように屋根勾配はその傾斜により様々なメリットデメリットがありますが、屋根材で最低勾配は決まっている点にも充分に注意が必要です。

 

金属屋根の場合には一寸より大きな傾斜が求められ、比較的緩やかでも問題がないとされていますがスレートの場合には3寸、瓦屋根の場合には4寸より大きな屋根傾斜にすることが決められています。

 

これは屋根構造によるところが大きく、特に瓦屋根の場合には瓦自身の重さで全体を支えている構造となっていることからある程度の屋根勾配がないと安全に支えられないと言う理由からです。
そのため屋根の材質によって屋根勾配の条件が変わると言う点も押さえておきたいポイントとなっています。

 

 

屋根リフォームで屋根勾配を決める際に困ったときのおすすめ勾配ってあるの?

 

屋根勾配モデル

 

そのような環境の中で特におススメの屋根勾配は「4寸」です。これはどのような屋根の材料においても条件を満たしているほか、様々な環境に耐えられる最も安定した屋根勾配の角度であるといえます。
4寸の屋根勾配は並勾配とも言われますが非常に耐久性に優れる角度で、かつ雨漏りが発生しにくく比較的積雪の際の雪おろしなどもしやすい角度となっています。

 

勾配が少ない場合には雨水がきれいに流れずに雨漏りをしてしまうことも多いのですが4寸ほどの傾斜があればほとんどの場合には雨水はきれいに流れるほか、屋根にゴミなどがたまりにくいことから非常に効率の良い角度とされているのです。
多くの住宅においても基本的な屋根の角度は4寸とされていることが多く、積雪の比較的多い地域から少ない地域までカバーできる屋根として多くの住宅で採用されています。

 

住宅を建てる際には屋根は重要なデザイン面の要素として考えることが多いものです。
そのため中には単純に見た目だけで屋根の角度を決めてしまう場合も多いのですが、長く住むことを考えた場合耐久性や様々な自然環境に対する対応力を十分に考慮する必要があります。
そのため屋根勾配の意味とその様々な条件について知識を持っておくことが非常に重要であり、長く住むことのできる住宅を建てるために非常に重要なポイントとなっています。

 

 

屋根リフォーム金額相場【TOPへ】


page top