屋根リフォーム工事時期を伸ばすための屋根スレートメンテナンス法

屋根リフォーム工事時期を伸ばすための屋根スレートメンテナンス法

スレート屋根

屋根材を屋根スレートにする場合、築年数が10年経過するとメンテナンスをすることが求められます。
この場合、そのメンテナンスの方法というのは築年数ごとのメンテナンス方法によって変えていくことになります。

 

築年数10年未満のメンテナンス法とトラブル対処法

 

築年数が10年未満にもかかわらず、雨漏りがあるような状況は、施工業者のミスであることがほとんどであり、業者への連絡が必要です。
たいていの場合はタダで修理をしてくれることになります。
もちろん、台風などをきっかけとして破損をすることもあり、いずれにしても、何かしらのトラブルなしに築年数が経過しないで壊れることはありません。

 

築年数が10年未満によるこうしたトラブルの対策として、業者によっては築年数が一定期間までなら無料で保証するなどのことを約束してくれる場合や、風災補償で修理補修できることもあります。
風災補償は火災保険に含まれていることがほとんどであるため、今現在契約している火災保険を見て、それが利用できるかどうかを調べることが求められます。

 

 

築年数10年以降のメンテナンス法

 

これ以外の理由による雨漏りというのは、メンテナンスを怠ってきたことが原因となるため、そうならないためにも、築年数10年以降には必ずメンテナンスをしてもらうことが大切です。

 

まず最初は屋根塗装が必要です。

 

屋根スレートは風雨にさらされるうちに変色をしてしまいます。
見た目にもよくないだけでなく、水はけという意味もあまりいい状態ではありません。

 

そのため、まず古い塗装を高圧洗浄機で吹き飛ばし、傷んでいる個所を補修し、その上から再び補修をしていくというのが屋根塗装の基本的なプロセスです。
再び塗装をすることにより、屋根スレートの経年劣化を抑えることができます。

 

築年数が10年以降になった場合には、これをしておくことでまた長く使用することができ、怠ると経年劣化が一気に進むことになってしまいます。

 

 

築年数20年以降のメンテナンス法

 

塗装が必要なスレート屋根

 

築20年以降になるともう1回屋根塗装を行うか、それとも屋根修理・屋根補修をするかの判断に迫られることがあります。

 

例えば、雨の多いエリア、雪国のような場所ではそれだけ傷みやすくなっています。
このため、通常の屋根スレートよりも劣化が進みやすいため、屋根塗装をもう1回やっておくか、それとも屋根補修をしてしまうかという選択肢になります。

 

屋根補修をする場合、棟板金の交換がメインです。
棟板金とは、屋根スレートの頂上にある金属板であり、風などの影響をダイレクトに受けやすいことからもここを交換しておくことになります。

 

 

築年数30年以降のメンテナンス法

 

築30年目以降は再び屋根塗装を行うなどをし、築45年が経過するころには屋根の葺き替えが必要です。

 

屋根の葺き替えとは、スレートをすべて交換することを指します。
この場合、スレートや棟板金、ルーフィングを交換することになり、それよりも状態が悪い場合には、野地板まで交換を余儀なくされます。
この状態だと、雨漏りもひどくなってしまうため、メンテナンスのついで、葺き替えの段階で雨漏りも食い止めてもらうことをおすすめします。
このように築年数が経過すれば、それだけメンテナンスの重要度が上がっていくことを意味します。

 

屋根リフォームをカバー工法で行えば費用は抑えられます

 

屋根の葺き替えとは別のメンテナンス方法があります。
それが屋根カバー工法です。

 

屋根カバー工法とは、傷んでいるスレートの上から新しい屋根材を装着するというものです。
これだと葺き替えを行うのと同じくらいに外見はきれいに見えるだけでなく、費用がとても安く、工事期間も短くて済むというのが最大のメリットです。

 

ただ、屋根が重くなってしまうため、スレートにした意味がないというそもそもの問題を抱えることになります。
このため、費用と時間の兼ね合いでどのメンテナンス方法にするべきか、検討を重ねることが大事です。

 

 

屋根スレートメンテナンス費用金額の目安について

 

屋根スレートメンテナンス費用金額

メンテナンス費用金額の目安ですが、一番高いのはやはり屋根の葺き替えです。
足場代金を含めて最高でだいたい300万円近くはかかってしまいます。
屋根のスレートをすべて交換をする、場合によって野地板まで変えてしまうというのがあるため、高くなってしまうのは致し方ありません。

 

屋根カバー工法はそれよりも多少安くすることができます。
ただ、安くした分、屋根カバー工法によるデメリットの影響がどうなのかという検証はしておく必要があり、少なくとも屋根の葺き替え、屋根カバー工法、いずれかの検討はしっかりとしておく必要があります。

 

屋根塗装は高くてだいたい100万円強、屋根修理・屋根補修は安くて数万円程度、高くても100万円程度で済みます。
塗装は複数回も行うため、結果としてかなりの値段にはなりますが、そのあたりは安くて、しっかりしたところを選べば安く抑えることは十分にできます。

 

そして、屋根補修に関しても、必要最低限な補修だけにとどめておけば、そこまで費用をかけなくて大丈夫です。
施工業者を選ぶ場合もこのあたりのメンテナンスまでを含めた形で選ぶ、もしくは毎回のメンテナンスで複数の会社から見積もりを取るなどのことが必要です。

 

 

屋根リフォーム金額相場【TOPへ】


page top