屋根リフォーム工事で雨漏りの原因について知っておきたいこと

屋根リフォーム工事で雨漏りの原因について知っておきたいこと

雨漏りの原因と対処法

家の雨漏りは、原因が簡単である場合もあれば、難しい場合もあります。
雨漏りは漏れた水が建物の中を伝わる可能性があるので、原因が簡単にわからない場合があります。
原因を突き止めるには、経験豊かな職人に見てもらう必要があります。

 

 

屋根の雨漏りの直接原因とは

 

雨漏りの直接原因は、屋根を葺いている材料により異なります。
瓦屋根の場合は、瓦のずれや破損があります。

 

現代の瓦を葺く技術は進歩しており、簡単にずれや破損が生じることはありません。
大きな地震や台風などにより、そのような状態になる場合があります。
瓦屋根には漆喰や土地が詰められている部分があります。
その部分が何らかの原因で崩れてしまうと、雨漏りが発生する場合があります。

 

 

屋根の雨漏り原因別対処法について

 

雨漏りには原因別の雨漏り対処方法があります。

 

瓦のズレが広範囲に及ぶ場合は、葺きなおしが必要となります。
瓦の割れも部分的ならば、その部分を取りかえれば良く、割れの範囲が広い場合は、全面的な葺き替えが必要です。
漆喰の崩れが原因の場合は、新たに漆喰を詰めなおす作業が必要です。
雨漏りを確実に止める方法は、原因を正確につきとめ、その原因を取り除くことです。

 

スレート屋根はトラブルが発生しやすいんです

 

スレートはトラブルの発生しやすい材料です。
外部からの力に弱く、強度が低いため、雨漏りも発生しやすくなります。

 

スレートが壊れる原因となる外力には、地震や台風、人が乗ることの他、寒冷地では凍害によっても破損する場合があります。
スレート屋根で棟や谷の多い場合は、棟押えの鉄板が外れたり、谷の樋がずれたりして、雨漏りの原因となることがあります。

 

金属系屋根はサビに注意

 

金属系の材料はサビやすいため、塗装替えを行っていない場合は経年劣化が激しくなり、穴があくことで雨漏りが発生します。
屋根全体が劣化している場合も多く、全面的な葺き替えが必要となります。

 

屋根にはコーキング類が使われている場合もあり、コーキングの経年劣化により、破損部分から雨が漏る場合もあります。

 

 

雨漏りの間接原因とは

 

雨漏りは直接原因の他に間接原因があります。
雨漏りの間接原因はそのことで直接雨漏りは発生しませんが、間接的な原因となるものです。

 

雨漏りの間接原因としては、材料の選び方、屋根の勾配、屋根の形状があります。

 

屋根は材料により耐久性が異なります。
瓦屋根はほとんどメンテナンスをしなくても、長持ちする材料です。
しかし、ハウスメーカーの供給する住宅や分譲住宅を中心に価格の高い瓦屋根が使われなくなってきました。
そのために、耐久性の低い材料が屋根に葺かれるようになり、雨漏りが発生しやすくなりました。

 

屋根勾配と庇の出かたが雨漏りの間接原因に

 

雨漏りの間接原因に屋根勾配と庇の出があります。

 

本来、日本の住宅建築は屋根に一定の勾配を付け、長い庇を出していました。
屋根に勾配を付けることで速やかに雨水を排出することができます。

 

しかし、勾配を緩くしたり、平らな陸屋根とした場合は水はけが悪くなり、雨漏りがしやすくなります。

 

また、長い庇の出は、壁と屋根の接合部分を守る役割を果たします。
壁と屋根の接合部分は、雨仕舞いの難しい部分です。
長い庇によりその部分を露出しないことで、雨漏りを防ぐことができます。

 

現代の住宅は庇を出さないものが多く、屋根と壁の接合部は外部に露出されます。
防水をコーキングに頼るため、劣化により雨が漏りやすくなります。

 

屋根の形状が雨漏りの関節原因に

 

雨漏りの間接原因として屋根の形状があります。
現代の住宅は間取りを自由に行うために、平面プランが複雑になり、屋根の形状も複雑になりがちです。
複雑な屋根は谷や棟の部分が多くなり、雨水が溜まりやすい形状となる場合もあります。
胸や谷の部分には金物を使うために、さびの問題も発生します。

 

雨漏りを根本から正すためには、新築時の配慮が重要となります。
新築時は屋根の材料を選ぶ時点で本瓦の屋根を選ぶことは、雨漏り対策の基本となります。
さらに、適切な屋根勾配と庇を設け、雨水の滞留と侵入を防ぐ必要があります。
また、平面プランを矩形にし、屋根の形状をシンプルにすることで、雨漏りがしにくくなります。

 

 

雨漏りしにくい屋根にするには

 

既存の雨漏りがしやすい屋根を改善するには、抜本的な対策が必要です。
構造強度の関係から、全ての住宅の屋根を瓦葺きにすることはできません。
現状で可能な範囲の対策を考える必要があります。
部分的な補修で済む場合は、それを行うことで解決します。
しかし、抜本的な解決が必要な場合は、屋根材の葺き替えを考える必要があります。

 

ほとんどの住宅に施工可能な屋根材として、フッ素鋼板があります。
耐久性が高く、塗装替えなしで、長い期間使うことができます。

 

また、ガルバリウム鋼板も耐久性のある材料です。
経済的でしかも、塗装替えのスパンを長くすることができ、所有者の負担を減らすことができます。
これらの材料を用いて適切な工法により葺き替えを行うことで、雨漏りの心配の無い家に住むことができます。

 

屋根の葺き替えを依頼する場合に信頼できる業者とは、屋根の葺き替えを専門に行っている業者です。
家を施工した施工業者から紹介してもらえる他、自分で探すこともできます。
屋根工事業に関して建設業許可を取得している業者ならば、安心して依頼することができます。

 

 

屋根リフォーム金額相場【TOPへ】


page top