屋根リフォーム工事では問題発覚後の早めの修理が重要

屋根リフォーム工事では問題発覚後の早めの修理が重要

屋根の問題

屋根の劣化や破損は、放置すると住宅のダメージ拡大に繋がるので、早めの修理が何よりも重要なポイントです。

 

屋根リフォーム修理費用の目安

 

  • 棟板金交換修理・・・30万円〜100万円程度
  • 漆喰補修修理・・・30万円〜80万円程度
  • スレート修理・・・1万円3万円(一枚当たり)、屋根全体での目安は25万円〜80万円程度
  • 瓦修理・・・1万円3万円(一枚当たり)、屋根全体での目安は30万円〜100万円程度
  • 屋根カバー工法・・・50万円〜150万円程度
  • 屋根葺き替え・・・150万円〜3000万円程度
  • 雨漏り修理・・・5万円から20万円程度、屋根全体では30万〜300万円程度

 

これらの金額は、あくまでも修理費用の目安で、現場の状況や修理内容によっては差が生じます。
しかし、多くの業者で見積もりを依頼する場合、この目安から大きく外れることはありませんから、安くても高くても極端に目安と違ってくる見積もりを出す業者には要注意です。

 

 

屋根リフォーム修理を早めにするべき不具合事例とは

 

屋根リフォーム瓦葺き替え

 

早期修理すべき屋根の不具合事例では、棟板金やクギの浮き漆喰の崩れに雨樋のゆがみ、それにスレートの浮きなどが挙げられます。
また、瓦のずれや割れスレートの割れも水の浸入や骨組みの腐食に結び付きますから、こういった傷みは早めに直すことが大切です。

 

屋根修理の具体駅な概要をご紹介

 

屋根修理の概要を挙げると、軽い破損は穴を埋めて直し、傷みが大きい部分は除去して新しくする点が共通します。

 

棟板金修理工事の概要の具体例

 

棟板金修理工事の概要の具体例としては、スレート屋根の上などにある金属板、いわゆる棟板金とその下地の棟板を取り外し、新しい棟板金をしっかりと固定設置するのが一般的です。

 

後は棟板金をクギやネジで棟板に固定して、防水コーキングを塗ると屋根修理の完了です。
棟板金の正確な設置と、防水コーキングの丁寧な施工が新たな屋根の寿命を決めるので、確かな技術や経験が求められます。

 

漆喰修理工事の概要

 

漆喰修理工事の概要を説明すると、表面の漆喰を除去し下地の葺き土を調整して、適量の水を加えしっかりと練り込んだ漆喰を塗り込むのが大まかな流れです。
コテなどで隙間を埋める作業が中心で、漆喰の表面を整え乾燥させれば終わりです。

 

隙間があると雨漏りが再発しますから、細やかなコテ捌きが求められますし、ここが職人の腕の見せ所となります。
更に、漆喰は屋根に残りやすく白っぽく見せるので、周辺を綺麗に拭き取る仕上げが修理の美しさを左右します。

 

スレート修理工事の概要

 

スレート修理工事の概要は、シリコン修理スレート交換の二種類に分かれます。

 

前者はシリコンでヒビ割れを埋めて、スレートを平らに仕上げるだけと比較的簡単です。
スレートの交換が不要ですから、初期のヒビ割れに適していますし、費用や時間が大きく掛からないので経済的です。

 

逆に、後者はスレートが大幅に傷んでいる時に必須の工事で、傷んだスレートを綺麗に取り除き、接着用のシリコンを塗り込んで新しいスレートを差し込む流れとなります。
部分工事では、一部分のスレートが新しくなるのでそこだけが色違いになりますが、修理において最も重要なのは雨漏りの再発防止です。
ただ、選ぶスレートや位置の微調整で違和感は小さくなるので、このような点に注意して工事を進めると仕上がりが良くなります。

 

瓦修理工事の概要

 

瓦修理工事の概要は、瓦交換だと傷んだ瓦を撤去した後、新しい瓦を乗せて隙間にシリコンを塗っていきます。
位置がずれると不格好ですから、形の合う瓦を正しく乗せて、雨漏りが再発しないようシリコンを厚めに塗ることが瓦修理の重要点です。

 

棟瓦の積み直しが必要な場合は、少しでもずれている瓦を全て取り外し、本来の位置に積み直して屋根の機能を回復します。
既存の瓦は、割れたり傷んでいない限り再利用可能ですから、くれぐれも安易に廃棄しないようにしましょう。

 

瓦屋根における屋根の形や機能は、瓦を積み重ねる職人のセンスが物を言いますから、経験豊富な人に任せられると安心です。

 

屋根リフォーム修理のDIYは可能なのか

 

屋根リフォームはDIY可能か

屋根リフォーム修理のDIYが可能かどうか、これは屋根の高さや求められる修理の目的、それと屋根を含めた築年数で決まります。

 

2F以上の高さの屋根は、1Fの屋根よりも落下の被害が急上昇しますから、高い所が得意な人でも止めた方が無難です。
この高さで落下の衝撃を受けると、脳挫傷や下半身不随の恐れに加えて、最悪のケースでは死に至ることもあり得ます。
DIYで対応できる範囲ではありませんから、2F以上の屋根はプロに依頼するのが現実的です。

 

屋根の高さが低く、ゴミの除去や洗浄程度であれば、DIYでもできる可能性はあります。

 

雨漏り防止が目的だと、工事の技量や仕上げが屋根の機能に影響するので、確実に雨漏りを防ぎたいならDIYは避けた方が良いでしょう。

 

雨漏り防止と関連しますが、築年数10年以上の屋根修理もまたDIYでは対応するのが困難です。
屋根の材質や下地を含めた構造は案外複雑なので、構造を理解しないまま取り外そうとすると、気が付かない内に他の部分を壊してしまう恐れが強まります。
屋根修理は工事業者に任せる、これが被害を拡大するリスクを避けて、より確実に雨漏り防止を実現してくれる意味でお得です。

 

 

屋根リフォーム金額相場【TOPへ】


page top