屋根リフォーム工事での葺き替え時に絶対に知っておきたいこと

屋根リフォーム工事での葺き替え時に絶対に知っておきたいこと

屋根リフォーム葺き替え

屋根の葺き替えとは、屋根の材料を取り換えることです。
例えば、従来は屋根瓦の住宅が多かったですが、いまある住宅でも古い住宅などは屋根瓦を利用しています。

 

屋根瓦はおよそ30年ほどで寿命になりますので、時期がきたら新しく取り換える必要があります。
これを屋根の葺き替えと言います。

 

屋根葺き替えはどんな素材を選ぶべきか

 

屋根の葺き替えをする場合には、どのような素材にするかも決めなければいけません。
特にこだわりがなければ、今までと同じ素材を使うのがよいかもしれないです。
ですが、模様替えをするような感じで新しい屋根材にするならば、どの葺き替えにするのが良いのかをあらかじめ調べておいた方がよいでしょう。

 

屋根材にもさまざまなものがあります。
日本の古くからの住宅であれば屋根瓦が使われていますが、戦時中から戦後にかけてはトタン屋根などが使われていました。
最近でもトタン屋根を見かけることができます。
ですが、それ以上に耐用年数が長いスレートを使っている住宅が増えてきているのが現状です。

 

特にこだわらないのならスレート屋根がオススメ

 

スレートの魅力は、耐用年数が長いだけでなく、手入れが簡単なことです。
屋根瓦と異なり、初期費用が安く、途中で塗装をすれば屋根瓦並みに長く利用し続けることができます。

 

また、好きな色や模様を選ぶことができるのもメリットになります。
例えば屋根瓦であれば、三色ぐらいしかありませんが、スレートの場合はかなりたくさんの色を選ぶことができるだけでなく、様々な模様から選ぶことができるため、ほかの家の住宅とかぶることはありません。
このように考えれば、特にこだわりがない限り、スレートがよいでしょう。

 

屋根の葺き替え時期について

 

屋根の葺き替え時期は、建築をしてから約30年ほどになります。
雨漏りの発生など、屋根に不具合が見つかったら葺き替えの時期と考えてよいでしょう。

 

ただし、15年ぐらい経過した段階で雨漏りが発生することがありますが、その場合はわざわざ葺き替え工事をする必要はありません。
例えば、雨漏りが発生するのは屋根瓦が少しずれていたり、釘が一本抜けてそこから雨水が侵入したりといったことが原因になりますが、15年程度では屋根材が劣化しているとは限らないからです。

 

 

屋根葺き替え工事のメリット

 

葺き替え工事のメリットは、屋根材が新しくなるため、雨漏りなどを防ぐことができることです。
雨漏りが発生してしまうと、住宅自体が劣化してしまう可能性が高いです。
たいていの住宅は水に弱いため、雨漏りが発生することにより、その住宅の耐用年数や耐震性能が劣化してしまう可能性が高くなるでしょう。そうすると、何十年も一つの住宅に住むつもりでも、途中で取り壊しをしなければならなくなります。

 

最近の傾向としては、バブルのころやそれ以前のように30年程度で住宅を壊すようなことはなく、40年から50年、さらには60年と一つの住宅をリフォームしながら住み続けるのが主流になっています。
それらに考えれば、住宅を劣化させないことがいかに重要であるかがわかるでしょう。

 

もう一つのメリットは、見た目がきれいになることです。
もちろん屋根は外壁に比べると見えにくいですが、少し離れたところから見ると屋根の色もはっきりわかります。
あの家はしっかりと管理されていると近所の人が思うにちがいありません。

 

このように、葺き替え工事のメリットはいくつもありますので、積極的に新しくしてみてもよいでしょう。

 

屋根葺き替え工事のデメリットとは

 

葺き替え工事のデメリットは、お金がかかることぐらいです。
屋根葺き替えの目安金額は、使う素材によって異なります。

 

例えば一般的な大きさの住宅の屋根瓦であれば、現在屋根の上に乗っかっている屋根がわらをすべて取り外して、新しい屋根瓦をつけるとすれば、およそ200万円ぐらいはかかると考えておいた方がよいでしょう。

 

カバー工法で金額を抑えることもできますが

 

もし、できるだけ出費を減らしたい場合は現在ついている屋根瓦を取り外すことなく、その上に新しい屋根瓦を張り付ける方法もあります。
これを業界ではカバー工法といますが、この方法の問題点は、屋根が重くなってしまい、耐震性が低くなってしまう可能性があります。

 

これはスレートやトタン屋根にも言えることです。
ただ、スレートやトタン屋根は、屋根瓦に比べると料金が安くなる傾向があります。

 

ただし、塗り替えをしないと耐用年数が低くなってしまうため、最終的にかかる金額はそれほど変わりがないと考えておきましょう。

 

屋根葺き替えの工事期間・内容について

 

最後に、工事期間と工事内容ですが、工事期間はおよそ2週間ほどになります。
なぜそれほど時間がかかるかといえば、屋根の上にのぼるのに足場を設置しなければならないからです。

 

足場は1日でできますが、取り外しのことも考えると最低二日は必要になります。
また、途中で雨が降ってくることもありますが、そのようなときは一時的に中断をしなければなりません。
2週間もあれば1日や2日は雨が降る可能性が高いものです。

 

工事内容は、屋根をきれいにしたうえで屋根材を新しくします。
従来ついている屋根材を取り外しするときに、時間がかかりやすいことを知っておきましょう。

 

 

屋根リフォーム金額相場【TOPへ】


page top