屋根リフォーム工事着工〜工事完了までのレビュー

屋根リフォーム工事着工〜工事完了までのレビュー

屋根リフォームをやろうと思い、屋根リフォームの一括見積サイトに申し込んで業者を選定し契約を済ませ、いよいよ屋根リフォーム・外壁塗装の工事着工となりました。

 

ここでは工事の段取りや手順、作業内容についてのレビューをしていきますので、これから屋根リフォーム、外壁塗装をやろうと考えている方の参考になれば幸いです。

 

 

屋根リフォーム補修・外壁塗装工事工程の目次

 

<工事1日目>足場取付
<工事2日目>高圧洗浄
<工事3日目>屋根リフォーム補修 雨樋撤去 養生
<工事4日目>養生の続き 雨戸塗装
<工事5日目>外壁下塗り 木鉄部下塗り
<工事6日目>外壁中塗り 上塗り
<工事7日目>雨戸戸袋部 中塗り 上塗り 木鉄部上塗り
<工事8日目>雨樋取付 雪止め設置 雨戸補修
<工事9日目>足場撤去 終了確認

 

<屋根リフォーム金額相場が知りたい人にオススメ>

 

https://lp.nuri-kae.jp/

 

申込ボタン

 

<工事1日目>足場設置

 

工事の初日は足場の設置です。
午前9時頃に足場のパイプを積んだトラックがやってきました。

 

現場監督からおおよその工事の工程を説明された後、足場設置工事が始まります。

 

現場監督さんと職人さん2人で来たので、てっきり足場の設置は2人でやるのかと思っていましたが、実際に設置作業する職人さんはなんと1人だけでした。
ほとんどの場合、現場監督さんは複数の現場をかけ持ちしているらしいので説明を終えたら次の現場に向かっていってしまいましたんです。

 

てっきり足場の設置って2,3人でやるのかと思っていたので、これにはビックリしましたね。
このことを職人さんに聞いてみたら、慣れてしまえばかえって1人のほうが段取り良くできると言ってました。

 

この言葉の通り、もりもりと足場が組みあげられていき午前中にはほぼ完成、そのあと養生シートも設置され14時頃には足場組立作業は完了しました。

 

足場設置08

 

足場の種類としては単管足場になっています。

 

単管足場は作業性は少し悪いですがコストの面では優れている足場です。
ベテランの慣れている職人さんなら単管足場でも平気でしょうから、こっちとしてはコストが安いだけでも助かりますね。

 

 

足場設置04

 

養生シートにはしっかりと大きめに会社名とロゴが入っていますね。
外壁塗装時によく見る光景ですが、これはいい宣伝にもなるんでしょうし、連絡先も書いてあるのでご近所さんが何かあった時にはこれを見て連絡することもできそうですね。

 

 

<工事2日目>高圧洗浄

 

工事2日目は高圧洗浄工程です。
今回お願いしたB社さんでは基本的にはバイオ高圧洗浄という抗菌作用のある洗浄をしてくれるので、防汚作用・カビ等の発生を抑えてくれる効果があります。

 

バイオ高圧洗浄

 

家の窓全ての戸締りをしっかり確認し、まずはバイオ洗浄液で家の壁や屋根を一通り洗浄です。
家の中からみていたのですが泡立った感じの水が凄い勢いで噴射されていました。

 

バイオ洗浄が終わったら次は普通の水道水を使って洗い流していました。
網戸や窓もやってくれたのでピカピカに、特に網戸を高圧洗浄してくれたので頑固な汚れが綺麗に取れて良かったですね。

 

洗浄している間の音ですが、高圧で噴射されるので近くの壁をやっている時にはテレビの音が聞こえずらかったです。
うちではワンコを飼っているのですが、音に敏感な犬なので何事が起ったのかと部屋中をウロウロと走り回ってました。。。

 

それとコンプレッサーを使って水を噴射させているので、外にもそれなりの音はしていましたね。
でもご近所さんには事前に挨拶回りをしてもらって工事工程も伝えているので特にクレーム等はなく無事に完了しました。

 

時間的には午前中いっぱいで作業完了しました。

 

 

<工事3日目>屋根リフォーム補修 雨樋撤去 養生

 

工事3日目は、屋根リフォーム補修・雨樋撤去・養生です。
屋根の職人さんが2人と、外壁塗装の職人さんが1人来てそれぞれで作業していました。

 

 

屋根リフォーム補修作業

 

屋根リフォーム補修の方は、漆喰補修と部分的に傷んだ瓦の補修です。

 

屋根リフォーム補修工事

 

気付いたら雨樋はすでに撤去されていて、屋根の補修作業に移っていました。
屋根の方の補修作業は雨樋撤去も含め午前中に終了、段取り良く順調に進んでいっていました。

 

屋根漆喰補修

 

漆喰の色は白とグレーの2色から選べたので、屋根の色に合わせてグレーを選択しました。
近所にはグレーの屋根なのに白い漆喰が使われている家もあって、見た目があんまり良くなかったのでグレーの漆喰が選べたのは良かったですね。

 

あとは、雨樋撤去の際に支えていた取り付け金具の穴もパテでふさがれていて綺麗にしてありました。

 

 

外壁塗装前の養生作業

 

外壁塗装前の各部分の養生作業です。

 

<窓枠と計器養生>

養生作業02

 

<エアコン穴養生>

養生作業03

 

<ウッドデッキ養生>

養生作業04

 

 

外壁以外の部分を一つ一つ漏れの内容に丁寧に作業していました。
この養生の丁寧さで外壁塗装の仕上がりが全然違ってくるので、丁寧に作業してくれているのを見て安心しました。

 

また、養生作業中にあんまりよろしくないところがあって指摘を受けました。
前のオーナーさんが依頼した外壁塗装業者の手抜きなのか、窓枠の取付部のシールが甘いようで隙間があり、このままだと仕上がりが悪くなるという事で急遽シリコンで隙間を埋めてくれることになりました。

 

<窓枠のシリコンコーキング>

窓枠シリコンコーキング

 

こういった細かい箇所もきちんと見てくれてすぐに対応してくれるところは、さすがでしたね。

 

養生作業は時間がかかるようで、19時過ぎまで作業していましたが次の日も引き続き作業することになりました。

 

 

<工事4日目>養生の続き 雨戸塗装

 

工事4日目は、養生の続き雨戸の塗装でした。

 

<玄関扉養生>

養生作業01

 

昨日の作業で残った場所の養生をしていました。

 

 

そして午前中で養生が一段落し、午後からは雨戸の塗装が始まりました。

 

我が家の雨戸は全部で17枚です。
塗装しない部分の養生をしっかりやってエアコンプレッサーのスプレーで塗装作業していたようです。

 

<雨戸塗装前>

雨戸塗装前

 

<雨戸塗装後>

雨戸塗装01

 

雨戸塗装02

 

 

ちょっとわかりずらいですが、雨戸塗装前の白く色落ちしていた状態から、塗装後はピカピカになりました。

 

<屋根リフォーム金額相場が知りたい人にオススメ>

 

https://lp.nuri-kae.jp/

 

申込ボタン

 

<工事5日目>外壁下塗り 木鉄部下塗り

 

工事5日目は外壁の下塗り庇や幕板・柱など木鉄部下塗り作業です。

 

ローラーを使って下塗り用の塗料を外壁に塗っていっていました。

 

<外壁塗装下塗り>

外壁塗装下塗り01

 

外壁塗装下塗り02

 

下塗り作業後は全体的に白くなりましたね。

 

塗装時の臭いの方はというと、今回は有機溶剤の塗料なのでシンナー臭は少ししていました。
個人差もあると思いますが、自分はそんなには気になりませんでしたね、食事も普通にできましたから。
業者さんが言うには、一昔前に比べたら臭いはだいぶ少なくなったようです。

 

 

<木鉄部下塗り(錆止め)>

木鉄部下塗り

 

外壁の下塗りが一通り終わったら、外壁以外の部分の木鉄部(庇や幕板・柱など)に錆止め効果がある下塗りをしていっていました。
外壁部分とは違う木鉄部専用の塗料を使用して塗っていきます。

 

それと、木鉄部の塗装の時に一つ指摘されたことがありました。

 

どうやら前のオーナーさんの時に塗った木鉄部の塗料の質があまり良くなかったらしく、庇の上部全体的に塗料のヒビ割れが発生していました。

 

現場監督さんが言うには、今までの経験上、経年劣化でこんな状態になっているのは見たことがないので、塗料の種類を間違えて塗ったのではないかという推測でした。
庇の上部は金属なのに、もしかしたら外壁を塗った時にそのまま外壁用の塗料を塗ってしまいヒビ割れてしまったのではないかと、、、

 

出来るだけサンダーで削って滑らかにしてくれるそうですが、薄い金属部なので削りすぎると穴が開く恐れがあるので、今回木鉄部用の塗料を塗っても綺麗にはできずヒビ割れの跡は残ってしまうようでした。
まあ特に上から見ないとわからない部分でもあるので、今回はできるだけ綺麗にするという事で作業してもらいました。

 

窓枠の取付部のシール部分といい、前のオーナーさんが依頼した外壁塗装業者はあんまり良い業者でないんだなと思いましたね。

 

 

<工事6日目>外壁中塗り 上塗り

 

工事6日目は外壁の中塗り・上塗り木鉄部の下塗り作業でした。

 

<外壁塗装中塗り・上塗り>

外壁塗装中塗り上塗り

 

 

外壁塗装は通常、下塗り・中塗り・上塗りの3工程で行います。
今回は艶あり塗装にしたので、上塗りが終わるとさすがにピカピカで綺麗になりますね。

 

 

<工事7日目>雨戸戸袋部 中塗り 上塗り 木鉄部上塗り

 

工事7日目は雨戸の戸袋部分外壁の中塗り・上塗り木鉄部の上塗り作業でした。

 

<雨戸の戸袋部分外壁の中塗り・上塗り>

雨戸戸袋塗装

 

<木鉄部上塗り>

 

 

これで外壁塗装と木鉄部の塗装は一通り完了しました。
あとは明日の雨樋の取付と雨戸の補修工事で全行程完了ですね。

 

 

<工事8日目>雨樋取付 雨戸補修

 

工事8日目は雨樋取付と雨戸の補修工事でした。

 

<丸形の雨樋から角形の雨樋に交換>

 

丸形雨樋

 

角形雨樋写真

 

 

雨樋は築35年の間一度も交換していなかったようなので、詰まりや劣化が激しく雨が降ると途中の関係ないところからダバダバと水が滴ってきていました。
雨が降るたびに雨樋のことは気になっていたので今回足場を付けるついでに交換という事にしたんです。

 

その際、丸形の雨樋から角形の雨樋に変更してもらうことに。
今までは屋根の大きさの割には容量が小さめの丸形だったので、角形にして容量アップすることにしました。
これで雨水もきれいに流れるので詰まりにくくなることを期待します。

 

 

<雪止め設置>

雪止め設置

 

屋根に雪止めを設置してもらいました。

 

関東地方でも山の方になるので数年に一度ですが大雪になることがあるんです。
雪が屋根に積もると駐車場の方に雪が滑り落ちてきて、車のルーフが凹んでしまう恐れがあったのでこれで心配しなくて良さそうですね。

 

 

<雨戸補修>

 

 

最後はこれも工事のついでにお願いした雨戸の補修です。

 

ほとんどの雨戸でコロの部分が壊れていて雨戸を引きずっていたので交換してもらうことにしました。
雨戸がかなり古いタイプだったので同じものが今はもう無い為、代替え品を探してもらい対応してもらうことに。
おかげさまでスムーズに雨戸の開閉ができるようになり大満足です。

 

これで今回お願いした屋根リフォーム補修・外壁塗装のすべての工事作業は完了です。

 

 

<工事9日目>足場撤去 終了確認

 

工事9日目は足場の撤去終了確認でした。

 

<足場撤去>

足場解体

 

足場は半日でみるみるうちに解体されていきました。

 

 

<終了確認資料写真>

 

工事完了写真01

 

工事完了写真02

 

工事完了写真03

 

工事完了写真04

 

工事完了写真05

 

工事完了写真06

 

足場の解体作業が終わり、午後からは現場監督さん、職人さん、担当の営業さんを交えての終了確認を行いました。

 

家の周囲を廻りながら見える範囲の部分をチェックしていきます。
屋根などの見えない部分に関しては数十ページにも及ぶ「施工写真」の冊子を見ながら補修箇所等を見せてもらいました。
実際に屋根には上って確認することができないのでこのように写真で確認できると、どこをどう直したのかが良くわかるので安心できますよね。

 

皆さんも外壁塗装をする際には、このように工事の工程や補修内容をきちんと写真に撮って見せてくれるような業者を選ぶことをオススメします!

 

 

一通りの説明を受けたら、工事完了の確認書にサインしてすべての工程が完了です。

 

<工事完了確認書>

工事完了確認書01

 

 

<振り込みのご案内>

振込のご案内

 

そして最後に工事代金の振込の案内書を確認しました。
見積金額が当初の155万円から変わっているのは、急遽雨戸のコロの補修を追加でお願いした分です。

 

今回お願いした業者さんは、すべての工事が完了してからの支払いという事になっていました。
業者によって契約金・工事着工金・引渡金というように何度かに分けて支払いをするところもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

屋根リフォーム補修・外壁塗装工事を終えてみて

屋根の漆喰を補修したほうが良いと飛び込み営業の職人さんに指摘されたことがきっかけで始まった今回の屋根リフォーム補修工事。
初めての経験だったので見積を比較したいと思い、屋根リフォームの一括見積サイト「ヌリカエ」に申込んで業者を紹介され検討の末決めた業者に工事をお願いすることに。

 

今回の屋根リフォームと外壁塗装の工事を終えてみて、ハッキリ言わせてもらうと

 

オススメ

絶対に見積もりは複数取って比較すること!
をオススメします。

 

 

はじめはいろんな業者に見積もりを出してもらうのって時間と手間がかかるから面倒くさいと思っていました。
確かに面倒でしたが、今ではきちんと比較したことによってしっかりした工事が出来たので満足しています。

 

業者が違えば、チェックするポイントも違うし、それによって出てくる見積もりも様々。
見積の内容・項目も業者によって全然違うし、当然同じ工事内容でも見積金額は全然違ってきます。

 

見積もり内容の説明や、不明点を質問した時など回答の仕方で担当の人の対応力もわかりますし、その対応が自分に合っているのかどうかの相性もチェックできます。
こちらの要求に対してきちんと説明してくれ対応してくれるのか、それがきちんと見積に反映されているかどうかというのもポイントとして大切になってくると思います。

 

なので、納得のいく屋根リフォームや外壁塗装の工事をしてもらうためには、できるだけ多くの業者に見てもらうのが大切なんです。

 

これから家の外壁や屋根の工事をやろうと考えている人へ、このサイトが少しでも参考になるようになれれば幸いです。

 

<屋根リフォーム金額相場が知りたい人にオススメ>

 

https://lp.nuri-kae.jp/

 

申込ボタン

 

屋根リフォーム金額相場【TOPへ】

page top